今回の授業では、M女性からの体験談を紹介します。

体験者:26歳会社員
名前:ほのか

26歳の会社員の女です。SNSで50人以上に調教されていたときの話をします。


私がSM系のSNSにはまったのは、今から1年ほど前でした。

それまで自分の性癖を誰にも言うことができす、付き合った彼氏もーマルな人ばかりで物足りない思いをしていましたが、SNSには同じような性癖の人がたくさんして、私は自分の居場所はここだったんだなと感じました。

それから、最初のうちは、S男性のプロフィールを見ながら「こんな人に調教されたい」と妄想しながらオナニーをしていれば満足だったのですが、毎日のようにログインしているうちに「実際に調教されたい」という気持ちが湧いてきました。

そして自分の性癖(アナル開発されたい、無理矢理されたい、舐めたい、言葉責めされたい)と合いそうな男性を探して、ピックアップした数人とメールをすることに。

『最初はメールで調教希望』と伝えてあったので、『今からオナニーして』『野菜オナニーして写真送って』など、男性から次々と卑猥な内容のメールが届きます。

私が好きな命令は道具を使ったオナニーで、『綿棒をアナルに入れて』とか『綿棒であそこを大きく広げて写真を送って』とか言われると、キュンとしてしまいました。

メール調教は数日続き、その中から一番私好みの命令を出してくれていた男性と実際に会ってみることに。

『男爵』と名乗っていたその男性は、外見は30代後半で背が高くて垂れ目で、イメージしていた人とは少し違いました。

SNSで知り合った人と会うのも、実際にSMプレイをするのも初めてだと伝えるととても喜んでくれて、ホテルに行く前に食事をしたんですが、普段はいけないような高めのお店に連れて行ってくれて、そこで少しお酒も飲んでなんだかラブラブムードに。

「可愛いね」とか「君みたいな子があんなエッチなSNSにいるなんて信じられない」とか言われて、ちょっと嬉しかったです。

そのまま成り行きで、カップルのように手を繋いで、なんとなく甘いムードのままホテルに向かい、エレベーターの中でキスされました。

私としては「このまま甘々なエッチになっちゃったらどうしよう?」という不安はあったのですが、いざホテルに入ってみると、ビシバシ言葉責めはしてくれるし、バイブやローターでねちっこく責めてくれるし、背後から押さえつけられて挿入されたときには、すぐにイッてしまいました。おチンチンが大きくて、挿入されているときも気持ちよかったです。

その日はアナルは少し開発しただけでしたが、いつかあのおチンチンとアナルに挿入したいと思い、それ以降も会うことに。

この時点では、メールでの調教を受けているご主人様は5人。実際に会って調教されているのはこの男性だけでした。

でも毎日SNSを通じて色々な人とやりとりをしているうちに、どんどん「もっと色々なプレイをしてみたい」と思うようになり、最初の人とは忙しくてあまり連絡が取れない人だったこともあり疎遠に。

そして新しいご主人様を探すうち、どんどんメール調教も実際に会う人も増えていきました。
一番多かったときは、メールでの調教は40人以上。実際に会って調教されるのは10人以上。

アナル開発・ポルチオ開発・野外調教なども体験しました。

今では少し落ち着いて、ご主人様は3人だけですが、もしもまた物足りなくなったら、新しいご主人様を探そうと思います。

お読みいただいて、ありがとうございます。
あなたのSMプレイがますます卑猥で充実したものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ