「彼女がなかなかイッてくれない……」

そんな風に悩んだ経験をお持ちの男性は多いのではないでしょうか。

これは男性の技術不足という可能性もありますが、彼女の体が、まだ充分に開発されていないことも原因と考えられます。

しかし、いったいどのようにすれば女性の体を開発できるのでしょうか?

今回の授業では『女性の体を開発するための5つの基本の心構え』をご紹介します。

【1】開発は脳への刷り込み

膣はもちろん、乳首やクリトリスでさえ、最初はあまり気持ちのよい場所ではありません。

「なんだかくすぐったい」「むずかゆい」「痛い」などの感覚を感じる女性が多く、その感覚が徐々に快感に変わって行くのです。

それを『気持ちいい』と感じるようになるのは、脳がそのように学習するからです。

女性の体を開発するのは、女性の脳に『セックス(快感)を学習させること』と心得ておきましょう。

【2】女性は脳内で感じる

女性の感度は、状況によって大きく変わります。

女性の体を開発するためには、ただ性感帯を触るだけではなく、同時に脳を感じさせる工夫をすることが大切です。

優しい言葉をかけたり、あるいは強引に求めたり、お姫様のように扱ったり、乱暴に扱ったり。

相手の女性が最も感じるシチュエーションを見つけましょう。

【3】開発する順番

女性の体にも、性的な快感を覚えやすい場所と覚えにくい場所があります。開発は、以下の順番で進めると、スムーズに進みます。

  • クリトリス
  • 乳首
  • Gスポット
  • ポルチオ
  • アナル

【4】他の場所と一緒に刺激する

【3】で、クリトリスはもっとも快感を得やすく、逆にアナルは性的な快感を得にくいと解説しました。

アナルなどの『性的な快感を得にくい部位』を開発するためには、クリトリスや乳首などの『開発済みの場所』を同時に刺激してあげることが効果的です。

それによって、脳は『アナルも気持ちいい』と錯覚し、学習します。

これは、ロウソクや鞭などを使い、『痛みで感じるM女性』に仕立て上げたいときにも効果的です。

【5】言葉を使う

まずはあなたが、愛撫中に「気持ちいいんだろ」「そこが気持ちいの?」など、『気持ちいい』という言葉を使います。

できれば、女性自身にも『気持ちいい』と言わせましょう。

言葉にすることで、その情報はより強烈に女性の脳に刷り込まれ、開発の効果がアップします。

おわりに

いかがでしたか?

他にも、脇、太もも、首筋、耳、口内など、開発できるポイントは多々あります。

ぜひ、たっぷり時間をかけて、あなた好みの淫乱な女性を開発してください。

お読みいただいて、ありがとうございます。あなたのSMプレイがますます卑猥で充実したものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ