アナルセックス。

『お尻の穴にペニスを挿入する』という背徳感に魅せられ、どっぷりとハマってしまう人は少なくありません。

今回の授業では、『アナルを調教するときの5つのポイント』の5つのポイントをご紹介します。

【1】最初は他の部位と一緒に刺激する

アナルと同時刺激
性感帯を開発するには、他の感じる部位と一緒に愛撫するのが一番です。

アナルを触るときにはクリトリスや乳首を一緒に触るようにしましょう。

アナルに限った方法ではありませんので、覚えておくと便利です。

【2】コンドームを使用する

基本的にアナルは、排泄物を出す場所です。

そこには、大腸菌がいます。また、いくら浣腸でお掃除しても、便がつく可能性はあります。挿入するものにはコンドームをかぶせ、使用後はきちんと洗浄・消毒しましょう。

【3】ワセリンを使う

アナルにペニスなりバイブなりを挿入するときには、『潤滑油』が必要です。

ローションと違って乾きにくいワセリンは、アナル開発にオススメ。

薬局で簡単に、変な目で見られることもなく手に入れられるので、「今日あたり、アナル開発しちゃおうかな」と思った日には、事前に準備しておきましょう。

【4】ちゃんとイカせる

イかせる
アナルを開発するとき、指や道具を入れた状態でイカせてあげましょう。

クリトリスなど、アナル以外の部位を刺激して構いません。

『アナル=気持ちいい』という感覚を強く印象付けることができます。

【5】焦らない

焦ってアナルに挿れない
焦って貫通工事をしても、良い結果は得られません。

出血してしまった場合など、恐怖心が芽生えて、アナルに抵抗を覚えてしまう可能性もあります。

アナル開発は、じっくり焦らず!開通するその日まで、気長に調教していきましょう。

おわりに

以上『アナル調教をするときの5つのポイント』をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ちなみに、アナルに中だしした場合はなるべく精液を外に掻き出してあげましょう。腹痛の原因になります。

お読みいただいて、ありがとうございます。あなたのSMプレイがますます卑猥で充実したものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ