今回の授業では、S男性からの体験談を紹介します。

体験者:24歳 フリーター
名前:知樹(仮名)

出会い系で出会った世間知らずな女を自宅に連れ込んで調教した話。


一時期、出会い系にハマっていたことがある。というのも、俺の学生時代の女の先輩が出会い系で会った男とヤリまくっていて、「サクラじゃなくて普通の女も出会い系にいるんだな」と思ったからだ。

もともとセックスだけが目的でヤリ逃げする気満々だったから、顔を載せるのは気が引けたけど。「イケメンと言われる」とか「芸能人の○○似」とか書くと、メールしてくる女は結構いた。

その中で、当時高校を卒業したばかりで、実家との折り合いが悪くて家を出たいという18の女と出会った。本名がちょっと珍しい名前だったから、仮にエリナとする。

エリナは当時付き合っていた彼氏がいたらしいけど、彼氏は「親と仲良くしなよ」などと説教じみたことを言ってくるらしく、エリナはそれが不満なようだった。だから俺はその彼氏とは徹底的に逆のことをして、とにかくエリナの味方をして、親身になって話を聞いていた。するとエリナはあっさり「会いたい」と言ってきた。

事前に写メは送ってもらっていたけれど、エリナはアイドルグループにでもいそうな美少女だった。家が厳しいらしく黒髪で、でも服装はギャル系で、その露出と顔の清純さとのアンバランスさがたまらなかった。

俺はとりあえず、18の女が行ったことがないようなちょっと高めの店に連れて行って、ひたすら話を聞きながら褒めておだてまくったら、まんまと家に連れこむことに成功した。もともと友達の家を泊まり歩いていたようだから、エリナ自身最初からそのつもりだったのかもしれない。

自宅について、隣に座ってキスをすると、エリナも舌を出してきた。「ヤッたことある?」と聞いたら「彼氏とだけ」というから、「もう別れなよ」と言って押し倒した。俺はエリナに彼氏に「別れる」とメールさせながら、胸を揉んだりしながら、少しずつ本性を現していった。「しゃぶれよ」と言ってフェラさせたときにはエリナは不服そうな顔をしていたけれど、もう終電もない時間だし、外に出ても行く場所がないと思ったのか素直に従った。

そこから俺はどんどん大胆になって、乱暴に責めたり、罵倒したりしながらエリナを責めた。エリナは「ちょっと待って」とか「さっきまでと違う……」とか言っていたけど、でも向こうもまんざらでもなさそうで、抵抗しならがも興奮しているのが分かった。それもまた良かった。イマラチオしたあと断りもなしに髪にかけたらかなり怒っていたけれど、抱きしめて「ごめん、可愛くて……」と言ったら黙った。俺は、内心「彼氏や親のいうことを聞いておけばいいのに」と思ったけれど、もちろんこのご馳走を逃すつもりはなかった。

エリナは逝きやすくて、クリトリスをちょっと触るとすぐ逝って、そのあと触ると嫌がった。その時の態度が妙に高飛車で、男にイカされてヘロヘロなのにそんな強気な態度なのが加虐心を刺激して、俺は嫌がるエリナを無視してクリトリスを責め続けると、潮を吹いた。

エリナは潮吹きは初めてだったみたいで、それがベッドを汚したから申し訳なさそうにしていて、「お詫びしてくれる?」と言いながらまたフェラさせて、ついでに隠しておいた電マで責めた。

エリナは3秒くらいで逝って、感じすぎるのか本気で抵抗していたけど、後ろから抱きかかえるようにして挿入すると、一瞬ビクビクと痙攣して小さく喘ぎ始めた。気持ちいいというよりは反射的に声が出ているって感じで、汗がすごくてエロかった。

エリナはその後も必死で電マの刺激から逃れようとしていて、だから俺は、電マの強度を上げて、エリナのクリトリスに思い切り押し当てた。

思い切りつき上げたとき、体がビクビク痙攣して、イッたのが分かったけど、それでもチンコも抜かずに電マも押し当て続けたら、だんだん呼吸のリズムが変になってきて、動かなくなった。

一瞬死んだのかと思ってビビったけど、ちゃんと息をしていたし、気絶しただけだった。

だからこの隙に両手首と両足首をそれぞれ拘束した。仰向けにして両足首を拘束して持ち上げ、その下に両腕を回し、拘束する。すると、自ら足を持ち上げるような体勢になる。

そして俺は、冷蔵庫から炭酸水を取り出し、それを浣腸器で吸い上げると、500ccを一気に、そのケツ穴に注入した。漏れないように、小さめのアナルプラグで栓をする。我ながら鬼畜だなと思ったけど、この女なら大丈夫だろうという確信もあった。

「う……あぅ……」

腹が苦しいのか、エリナはすぐに意識を取り戻した。しかし、何が起きているのかは分かっていない。

「うぅ……なんか変……!」

喉から絞り出すようにうめきながら、体をよじり、涙を流しながら、必死に呼吸を繰り返す。

脂汗を書きながら「トイレにいかせて……」というエリナを無視して、俺は再び電マをクリトリスに押し当てた。

「あぁああああ!」という絶叫とともに、再びのけぞる。白い喉がセクシーだった。俺はアナルプラグが押し出されないように押さえながらエリナの、もうマン汁ででビショビショになったマンコにも時々電マをグリグリと押し当てた。

エリナは気持ち良さよりも苦痛の方が大きいのか、なかなかイカなかったが、それでも2回イッたあとに、俺は電マのスイッチを切った。

エリナは顔面蒼白でピクピクと痙攣していて、意識も朦朧としている。

俺はデジカメをムービーにして、エリナに向けた。

「このまま、カメラの前で漏らすのと、トイレでクソするのと、どっちがいい?」

俺がそういうと、エリナは小さな声で「トイレ……」といった。

「今日から奴隷になるならいいよ」

俺のその言葉に、エリナは「しばらく泊めてくれるなら」と言うから、俺はそんな簡単なことでいいのかとちょっと笑そうになった。もはやエリナは考える余裕もないようで、苦しげな表情で「早くトイレに行かせて」と懇願した。

「よし、それじゃあ……」

俺はエリナのマンコに、もはや痛いくらいに膨らんだチンコをあてがった。エリナは「ひっ」と怯えた声を上げたが、抗議の声をあげることはなかった。その前に、俺がその細い腰を押さえつけ、思い切り腰を押し込んだからだ。

「あぁあっ……!」

マンコは濡れていたけれど、そもそも穴が狭いのか、それとも炭酸水を浣腸したせいか、チンコはなかなか入らなかった。グイグイと押し付けるたび、エリナは悲痛な叫び声を上げ、涙を流した。

そしてすべてが入り切ったあと、結合部と顔がバッチリ映るようにして再び写真を撮ると、俺はその、つながった状態のまま、エリナを抱いて、ユニットバスまで運んだ。そして、切なげに呻くエリナを便座に座らせ、アナルプラグを引き抜いた。

「う……あぁっ……」

次の瞬間、エリナのアナルから、一気に便が排出された。膣に挿入されたままの俺のチンコにも、壁越しにうんこが動く感触が伝わってきて、かなり興奮した。チンコが入っていたからか思っていたより勢いは弱く、周りにも飛び散らなかった。エリナは気づかなかったみたいだけど、俺もその刺激で、エリナの中で思い切り射精した。そのあとチンコを抜くと、それに抑えられていたうんこがボコボコっと出てきて、こんな美少女もうんこするんだなと、射精後だったこともあって妙に冷めた気持ちで見ていた。

そのまま、放心し、泣きじゃくるエリナを風呂に入れて、シャンプーでヌルヌルにしたアナルに無理やり挿入して、もはや抵抗する気力も無くしたエリナを、布団の上でもう一度犯した。

もうエリナは、人形みたいにただ口をパクパクさせて、ビクビクと痙攣しているだけだったけど、それでもまだ犯したりない気がして、でも体力的にはもう限界だったから、また拘束して、ローターをマンコにいれて、電マをガムテープで固定して、スイッチを入れて、そのまま寝た。

夜中にエリナが絶叫するから、電マの電源だけ止めてまた寝たけど、眠れなかったらしく、朝になってもエリナは起きていた。

その後、エリナとの関係は半年以上続いた。

最初のうちは、いやいやで、浣腸するたびに涙を流していたエリナも、3ヶ月もすると、自分からアナルに入れてと求めてくるようになった。

半年たつころには浣腸しながらのセックスじゃないと感じないような変態になって、いろいろな過激なプレイも楽しめていたんだけど、だんだんエリナから「付き合って」「好き」「あなたしかいない」とか迫られるようになって、それがめんどくさくなって関係も終わりにした。

あれから1年以上たつ今でも、時々「会いたい」ってメールが来る。

お読みいただきありがとうございます。あなたのSMライフがますます充実しますように。

では、またの授業でお会いしましょう!

こちらの記事もおすすめ