バイブを挿入したまま宅急便受け取り……!30歳OLの激ヤバ体験

30歳一人暮らしのOLの体験談

「バイブを挿入したまま宅急便を受け取る」

こんなエロ漫画やAVのような激ヤバシチュエーションを目の当たりにしたら……大興奮ですよね。

でも、世の中には実際にこうした体験をしている人もいるのです。

今回の授業では30歳のOLの体験談を紹介します。

体験者:レイ(仮名)

「バイブを挿入したまま宅急便を受け取った体験談をお話します」

キャリアウーマンのストレス解消法は……

私はいわゆる「キャリアウーマン」です。

身バレが怖いので詳しいことは言えませんが、ちょっと特殊な仕事だし、同世代の女性たちよりかなり稼いでいる方だと思います。

ただ、責任のある立場を任されている分、やっぱりストレスが溜まるんです。

20代のころはやけ酒や買い物で発散していたけれど、だんだんそれでも満たされなくなってきて……。

そこでたどり着いたのが、オナニーでストレスを解消することでした。

もともとはオナニーしない派だったのに

私はもともとはオナニーはしない派だったのですが……「ストレス解消」という建前があったからか、どんどんオナニーにのめり込んでいきました。

一番ひどい時期は、朝出勤前にオナニーして、帰宅してからまたオナニーする……というのを週5でしているような状態。

今思えば中毒だったのかもしれませんが、当時の私は「気持ちよくなれるし、美容にも良さそうだし一石二鳥!」と思っていました。

でも、だんだんと満足できなくなってしまったんです。

そしてだんだんと「精神的な刺激」を求めるようになっていきました。

宅急便をバイブ挿入したまま受け取る!

「もっと興奮したい」と思っていた時期に思いついたのが、バイブを挿入したまま宅急便を受け取ることです。

当時、お金は余るほどあったので、私はネットで様々なバイブを買い漁っていて……毎日のように宅急便が届いている状態だったのです。

そして、ものは試しに……と思い、時間指定で宅急便を頼み、バイブを挿入したままスタンバイしていました。

ちなみに、バイブが落ちないように下着はしっかり履いています。

それと、音でバレるのが怖かったので、バイブの電源はOFFにしたままにしておきました。

そしていよいよ、宅急便が到着!

ドキドキしながらドアを開けると、そこにいたのは少し年上かな?と思う男性でした。

歳が近い男性にドキドキしながら……

(普段はもっとオジさんが来ることが多いのに、こんなときに限ってどうして!?)

と思いましたが、もうドアを開けてしまったので、後には引けません。

荷物を受け取ったり判子を押すために体を動かすと、そのたびにバイブの存在を意識してしまって、すごくドキドキしました。

そして、荷物の受け渡しが終わった時。

気のせいだとは思うのですが、男性が一瞬私の下半身を見た気がしたのです。

(まさかバレた……!?)

と一瞬ヒヤリとしましたが、そのまま何事もなく男性は去って行きました。

そのまま玄関でオナニー

もちろん、何かを期待していた訳ではありません。私はあくまで充実したオナニーを楽しみたいだけなのです。

でも、その後は荷物を運んできた男性に犯されることを想像しながら、そのまま玄関でバイブを使ってオナニーをしました。

さすがに電源を入れて荷物を受け取る勇気がなかったけど……それでも、最高に刺激的な体験ができて満足しています。

ちなみに、その時に届いたのは静音のバイブなので……もしかしたら、次はもっとエッチな体験ができるかもしれません。

おわりに

バイブを挿入したまま宅急便を受け取った女性の体験談を紹介しましたが、いかがでしたか?

オナニーは女性ホルモンが分泌されるため、美容に良いと言う話もありますよね。

とはいえ、こちらの女性のようにハマりすぎてエスカレートしてしまわないようご注意を……。

お読みいただいてありがとうございます。あなたのSMプレイがより変態で卑猥なものになるようにお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

【SM妄想教室】を応援する