『何でも言うことをきくドMのメス奴隷』

そんな女性がいたら、嬉しいですよね。

とはいえ、初対面の女性は、いきなり『いいなり』になってはくれません。

『いいなり奴隷』を手にいれるためには、しっかり調教し、育て上げることが大切。

今回の授業では『なんでも言うことを聞くM奴隷を育てるために大切な5つのこと』をご紹介します。

【1】信頼させる

SM調教で何より大切なのは、信頼関係を築くことです。

これがないと、M女性は S男性に身を委ねることができないし、何より関係が長続きせず、『なんでもいう事を聞くレベル』まで調教を継続させることができません。

調教の第一歩は『信頼されること』と心得ておきましょう。

【2】尊敬させる

小馬鹿にしている人から何かを命令されたときと、尊敬している人から何かを命令されたとき。

あなたは、どちらの方が『従いたい』という気持ちになるでしょうか。

M女性を『いいなり奴隷』にするためには、尊敬されることも大切です。

尊敬される男になることで、女性の『強い男性に支配されたい』という本能を刺激することができます。

【3】中毒にさせる

人間が最も「もっと欲しい!」という気持ちになる時。

それは「途中で中断されたとき」です。

セックスに置き換えるのなら「寸止め」がそれにあたります。

女性が感じているとき、あと一歩でイキそうな(満足しそうな)ときには、その刺激を途中でストップしましょう。

そうすることで、「もっと欲しい!」という気持ちが強くなります。

また、「来週はロウソクを使って、もっと過激なこともしようね」などと、次への期待感を持たせることも効果的です。

【4】常に主導権を握る

女性をいいなりにするためには、主導権を相手に渡さないようにしましょう。

女性に何かを決めさせるときにも「決めて」とお願いするのではなく、「決めていいよ」と、常に優位に立つ。『主』であるように心がけましょう。

そうすることで、女性もつねに『従』でいられます。

【5】飴と鞭を使い分ける

飴だけでは不安(物足りない気持ち)になるし、鞭だけでは嫌になってしまう。

これは、SM調教でも同じです。

快感という飴と、痛みや命令といった鞭。

これらを使い分けることで、女性はあなたに自ら従うようになっていきます。

愛を込めた調教を

いかがでしたか?

女性をいいなりにしたいときには、今回紹介した5つのこと。そして、『愛のある調教』を意識してみてください。

なんだかんだ、人は『愛があるもの』に対して、愛情を覚えます。特に女性はその傾向が強いので、あなたが愛を持って女性を調教すれば、それだけ女性も、あなたとのプレイを愛してくれるはずです。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのSMライフがますます充実しますよう、お祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ