今回の授業では、S男性からの体験談を紹介します。

体験者:25歳男
M女性:さや(仮名)
S女性:南(仮名)

先日、初めてレズSMを見せてもらいました。


自分はよくSMバーに出入りしているのですが、そこで知り合ったバイのS女性(南、と名乗っていました)にレズSMについてあれこれ尋ねていたら「これから女の子調教するけど、見に来れば?」とお誘いを受けました。

こんな機会は滅多にないと、その場に居合わせた他の常連さん(ちなみに男性客)1人と共に、3人でタクシーへ。(タクシー代はお礼として僕とその常連さんが出しました)

待ち合わせ場所に着くと、そこにいたのは白のスカートが似合う大人しそうな清純系の女の子。名前は『さや』というのだとタクシーの中で聞いていました。ビックリした顔でこちらを見ていましたが、南が「見学したいってゆうから連れてきたの」というと、おずおずと頷いていました。

僕としてはその態度だけでもうかなりツボで、できればヤらせてくれないかなーなんて考えつつもさやが住んでいるというマンションの中へ。

玄関に入ると、さやはいきなり服を脱ぎ全裸になると、「本日もよろしくお願いします」と言って南に土下座をしました。

ワンルームの狭い室内は意外と広くて、僕たちは部屋の隅に置かれたソファで見学させてもらうことに。さやはすでにシャワーを浴びていたらしく、部屋に入るとすぐにプレイ開始。

南は「この子、ギャラリーがいると興奮するから」と言いながら、さやを僕たちの目の前に立たせ、ニップルクリップをつけていきます。さやは少し表情を歪めて、僕と目が合うと恥ずかしそうにしていました。

南はそれを引っ張ったり弾いたりしながら「本当に淫乱だね」「あんたみたいな雌豚、これくらいしか役に立たないんだから」などかなり過激に罵っていきます。さやはそんな言葉で感じるらしく、オマンコはもう太ももまで垂れるくらいに濡れていて、我慢できなのか足をもぞもぞと動かしていました。(ちなみに一緒に来た常連の男性もMなので、南の言葉にかなり興奮しているようでした)

そして南は「今日はどれにしようかな」と言いながら部屋の引き出しを開けると、そこには大量のバイブが!

その中からも太めのものを選ぶと、南はさやを四つん這いにさせて、なんの前戯もなく、さやのオマンコにそれを挿入しました。さやは顔を真っ赤にしながら「ありがとうございます、南様」と言って、気持ち良さそうに体を震わせます。

南はバイブのスイッチを入れると自分はベッドに腰掛けて、さやに足を舐めるように命じました。

この時点で耐えかねたのか、一緒についてきた常連のM男性が「あの……できれば僕にも舐めさせてください」と言い、南のもう片方の足を舐め始めました(笑)

南はさやを言葉責めしながらベルトを外し、それでさやをスパンキングしていきます。色白の肌にベルトの跡が残るのがとても卑猥でした。常連さんの方も打たれたそうだったけど、南は「あんたはまだおあずけ」と言って、さやばかりを責めていました。

さやはスパンキングされるたびに、涙ぐみながら「もっとお願いします」と南に懇願していました。

すると南は、さやに「飲みたい?」と尋ねました。さやが「はい」というと、南は服を脱ぎ下半身を露出させます。そして大きく口を開けたさやの顔面に向かって、放尿したのです。

もちろん、女性なので狙い通りとはいかないようで、半分以上は床にこぼれていましたが、さやはそれも綺麗に舐めていました。

ここで南が僕に「飲ませてみる?」と尋ねてきたので、僕が頷くと、さやは僕の足元まで四つん這いで歩いてきて、僕の前で「飲ませてください」と大きく口を開けました。もうスイッチが入ってしまっているのか、目は恍惚としていて何かに酔っているみたいでした。

僕の股間はもう我慢ができないくらいに勃起していたので、まずは1回抜かせてもらうことに。さすがにフェラまで頼むのは憚られたので自分で擦って、南に「好きなところに出していいよ」と言われたので、口に出させてもらうことに。

さやは男のものにはあまり慣れていないのか興味津々で、僕が射精するときには南にしていたのとと同じように大きく口を開けてくれましたが、精液の臭いにむせたのか、すぐに咳き込んで吐き出してしまいました。

「ごめんなさい」と謝られたらなんとなく僕もスイッチが入ってしまい、そのまま今後はおしっこを口の中に出させてもらうことに。精液を飲んでもらうことはこれまでもあったけど、おしっこを飲ませたのは初めてで、とても興奮しました。

見ると南は常連のM男と合体していて、こちらのことはどうでもよさそうだったので、僕は「挿れてもいい?」と聞いて見ました。

するとさやはしばらく悩んだ後で、「南様が良いというまでオマンコのバイブは抜けないので、後ろの穴に入れてください」と言ってきたのです。

そこで、ありがたくアナルを頂戴することに。聞けばアナルもすでに開発済みらしくオマンコから十分に汁が垂れていたので、それを塗りたくってアナルにペニスをあてがい、四つん這いのさやに覆いかぶさるような体制で腰を押し付けると、少しずつですが、ペニスがアナルに埋め込まれていきました。

さやはときどき苦しそうに呻いて息を漏らしつつも、僕がペニスを全部埋め込むまで一切抵抗したり痛がることもありませんでした。

全部挿入すると、オマンコのバイブの振動が伝わってきてアナルの締め付けも心地よくててそれだけでいきそうでした。

だからしばらくはピストンはせず、さやのニップルクリップを弾いて苛めたり(今更ですが僕はSです)、お尻を叩いたりさやのリクエストで首を絞めたりして、少し余裕が出てきてからピストンを開始。(さやはその間にバイブで逝っていました)

その後ガンガンにピストンしたら、これまであまり喘ぎ声をあげていなかったさやが声を出し初めて、調子に乗ってそのまま中だし。

結局、アナルに2発中だしさせてもらいました。

後から聞いたら、さやはこれまでレズ経験しかなく(処女喪失もバイブだったらしい)、僕が初めての男性経験だったのだとか。

そう言われると「もっと優しくしてあげれば良かったな」という気がしないでもないけど、とにかく良い経験をさせてもらいました。できればまた遊びに行って、こんどは前の方も体験したいと思っています。

お読みいただいて、ありがとうございます。あなたのSMプレイがますます卑猥で充実したものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ