SMプレイに興味を持ったら、誰しもが必ず通ると言っても過言ではないのが「どうやって彼女を拘束するか」という問題。

AVのように荒縄で縛って吊るせたら興奮しそうだけれど、なんだか難しそうだし時間もかかりそう……。

そんなSM初心者におすすめなのが、手錠による拘束です。

今回は手錠の選び方や実際の拘束方法を解説します。

手錠の選び方

今日では、百円ショップやUFOキャッチャーの景品でも見かける、手錠。選ぶときのポイントは『耐久性』と『安全性』の2つです。

ちょっと力を入れた程度で壊れてしまっては、せっかくのエッチな雰囲気も台無し。また、作りが荒くて抵抗すると女性の肌を傷つけてしまうようなデザインのものは避けるようにしましょう。

実際に手にとって選べればベストですが、ネットの口コミでこの2点をチェックすると、買い物で失敗せずに済みます。

手錠の使い方

一番ポピュラーなのは、後手に拘束すること。

しかしそれ以外にも、手錠での拘束には様々なバリエーションがあることをご存知でしょうか?

例えば、女性を仰向けに寝かせてオムツを変えるような体制で両足を持ちあげ、膝の裏あたりで彼女の両手首を拘束します。そうすれば、女性は自ら両足を持ち上げるような体制になちます。

また、手錠を2つ用意して、右手首と右足首、左手首と左足首をそれぞれ拘束しても同じような体制で拘束することができます。

もちろん、手錠の片側を椅子や柱などに固定したり、あるいは両手首に手錠をかけた状態で、鎖をさらに別の場所に吊るすなどして固定すれば、完全に動きを封じることができます。

手錠を使ったプレイ

お好みの『拘束』ができたら、あとは思う存分女性を責めましょう。

手錠は『お仕置き』や『罰』という言葉とも相性が良いです。道具で虐めるもよし、ペニスで犯すも良し、道具を使った放置プレイもオススメです。

注意点

先に紹介したように、手錠は女性の肌を傷つける恐れがあります。プレイに使用するなら、革製のものやファー付きのものを選ぶのがおすすめ。

また、縄での緊縛と違い、手錠はある程度自由がききます。鎖の長さや手錠の強度にもよりますが、電マで延々と責め続けるなど、女性の激しい抵抗が予想されるプレイの場合には、より本格的な拘束具を使用することをおすすめします。

逆に『雰囲気が味わいたい』というのであれば、手錠の方が手軽で使い勝手が良いです。

おわりに

いかがでしたか?
「ちょっとパートナーと拘束プレイを楽しんでみたい」というときにおすすめな、手錠を使った拘束。ファー付きのものは女性受けも良く、ノリノリで自分から手錠を付けてくれる女性もいますよ。(ドM女性はみんなそうかもしれませんが……)

お読みいただきありがとうございます。あなたのSMライフがますます充実した卑猥なものになりますように。

またの授業で青いしましょう!

こちらの記事もおすすめ