「中(膣)でイケない」

こんな風に悩んでいる女性が意外と大勢いることを、あなたはご存知でしょうか?

出産で使われる臓器である『膣』は、実は結構鈍感なのです。

では、いったいどのように責めれば、M女性は膣で感じ、喘ぎ、悶絶してくれるのでしょうか?

今回の授業では『M女性を膣で感じる淫乱奴隷に躾けるための5つのポイント』をご紹介します。

【1】膣内にものを入れたままイカせる

膣を開発する一番簡単な方法は、とにかく『中に何か入れた状態』でイカせることです。

膣内を指で刺激しながらクリトリスをローターで責めたり、バイブを入れたままオナニーさせたり。

それを繰り返すことでやがてM女性は『膣内に刺激がないと物足りない』という状態になり、徐々に『膣で感じること』を覚えてゆきます。

【2】Gスポットを責める

女性を仰向けに寝かせ、手のひらを上にして中指を入り口にあてがいます。そのまま第二関節の辺りまで挿入し、指を曲げる。

その場所にある『ザラザラした手触りの場所』がGスポットです。

この場所は、膣内でもっとも開発しやすい場所です。膣を責めるときには必ず刺激するようにしましょう。『Gスポット開発バイブ』などでオナニーさせるのが手っ取り早いです。

【3】ポルチオを責める

Gスポットに次いで、感じやすいと言われているのが『ポルチオ』です。

これは膣の最奥、子宮の入り口の部分のことで、女性が感じると、徐々に下りてきます。

ポルチオの開発には、かなりの時間を要しますが、ここで感じるようになれば、セックスの満足度はより高まります。長めのバイブを使ってオナニーさせたり、ペニスで突いて、感じさせて開発しましょう。

【4】雰囲気を作る

『女性は脳で感じる』と言われているのをご存知でしょうか?

その言葉の通り、女性は状況や雰囲気によって、感じ方が大きく変わります。拘束したり言葉責めしたりと、M女性が『酔える』ような雰囲気を作ってあげることも大切です。

【5】足は伸ばした状態で拘束する

女性を拘束するとき、『M字開脚』の状態にしてしまうS男性は多いです。

たしかにM字開脚はオマンコがよく見えて、とっても卑猥ですが、実はあの体勢は、女性は『イキにくい体勢』なのです。

というのも、足を曲げていると、上手く筋肉を使うことができないから。

イクためには、体の筋肉に力を入れる必要があるため、足は曲げた状態よりも『伸ばした状態』で拘束してあげたほうが、イキやすいのです。

もちろん、きちんと開発すればM字だろうがなんだろうがちゃんとイッてくれます。

じっくり時間をかけて開発

以上『M女性の膣を開発するときの5つのポイント』を紹介しましたが、いかがでしたか?

開発に時間がかかる部位ではありますが、膣での深い快感を覚えたM女性は、むしろクリトリスよりも膣での快感を好むようになります。

じっくり取り組めば、『突っ込んだ瞬間にイッてしまう淫乱M女性』に開発することも可能です。

お読みいただいて、ありがとうございます。あなたのSMプレイがますます卑猥で充実したものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ