『拷問プレイ』という言葉を聞いて、あなたは何をイメージしますか?

SMに慣れてきたら、ぜひともやってみたいのが『拷問プレイ』

四肢をバタつかせ、痙攣し、あげくの果てに白目を向いて失神する……そんなM女性の姿は、言葉では語り尽くせぬほど妖艶、生唾ものです。

今回の授業では『M女への拷問系お仕置き方法5選』をご紹介します。

【1】電マ責め

誰もが憧れる拷問プレイの一つが、電マによるアクメ地獄。全身を拘束し、電マをしっかりとクリトリスに当て、女性を悶絶させましょう。

  • クリトリスを剥く
  • 逝ってもやめない

この2つのポイントを抑えると、鬼畜度MAX。拘束&固定でそのまま放置してしまうのもまた一興。


→電マを売り場でチェックする

【2】浣腸

苦しみに耐える女性の姿を見たいのなら、やはり『浣腸』でしょう。呼吸を荒くし、額に脂汗を浮かべて便意に耐える女性の姿は、マニアにはたまりませんね。

  • 体の内部を犯される感覚
  • 肉体的な苦痛
  • 精神的な苦痛や恥ずかしさ

これら全てを兼ね備えた浣腸は、拷問プレイにぴったり。アナルプラグなどと組み合わせても楽しめます。

【3】蝋燭責め

『低温蝋燭』こそ、まさに女性を責めるためだけに作られた、究極の拷問アダルトグッズ。

垂らされた瞬間の肌を刺すような刺激とその後にじんわりと広がってゆく痛みが、病み付きになってしまう女性も少なくありません。

→浣腸器を売り場でチェックする

【4】イラマチオ

お口に肉棒をくわえこんで、嘔吐く女性の姿はサディストにはたまりません。

  • 手で髪を鷲掴みにする
  • 様々な体位で突っ込む
  • 開口マスクと組み合わせる

あなた好みのアレンジをほどこせば、素敵な『拷問責め』が行えるでしょう。

【5】ドリルバイブ責め

AVに登場するドリルバイブ。「いつかやってみたい……っ!」と夢見るSMファンも多いはず。

自分で購入することもできますが、SMホテルの中にはドリルバイブを貸し出しているところもあります。


→ドリルバイブをSM専門店でチェックする

拷問の果てに

以上『M女への拷問系お仕置き方法5選』をご紹介しましたが、いかがでしたか?

刺激的な性感で何度も絶頂してしまったM女は、もうあなたとのセックス無しに生きていけないかもしれません……

お読みいただいて、ありがとうございます。あなたのSMプレイがますます卑猥で充実したものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ