あなたは『乳首責め』がお好きですか?きっと、大好きですね。私もです。

この世に生きる全ての男性にとって、女性のおっぱいは『原点』ともいえる場所。そしてその原点の頂点に君臨するそれこそが『乳首』。

世の中のM女性は、いったいどんな風に責められることを望んでいるのでしょうか?

今回の授業では『乳首責めでM女性を悶えさせる5つのポイント』を紹介します。

【1】歯を立てる

乳首を舐めたり、吸ったりするのは当たり前。しかしそんな刺激では、Mっ気のある女性の心は満たされません。

M女性を責めるときには『歯』を使いましょう。

  • 甘噛みする
  • 前歯で引っ掛けるように刺激する

軽い痛みが良いスパイスになります。

【2】指でキツめに責める

指で乳首を責めるときにも、M女性が相手の場合はややハードに責めてあげましょう。

ただコリコリと刺激するだけではなく、ギュッとつまんでみたり。キュッとねじってみたり。グイッと引っ張ってみたり。言葉責めと合わせれば、良い鳴き声を聞かせてくれます。

【3】道具で責める

乳首を責めるための道具。あなたは、どんなものを想像しますか?

  • 歯ブラシ
  • ローター
  • 吸引具

大人の玩具屋さんには、見た目や機能も様々なものがあります。あなたとM女性の好みにあった『責め具』を探せば、プレイも盛り上がること間違いなし!


→SM専門店で乳首吸引具をチェックする

【4】鏡を使う

乳首は、後ろからでも責めやすい部位の一つ。是非、鏡の前で後ろから責めて、恥ずかしい姿をM女性自身に見せてあげましょう。

そのときには、鏡に乳首が映るよう、指先でコリコリと弄ぶのがおすすめ。羞恥心を煽れます。ついでに耳元でいやらしく言葉責めすれば、効果は倍増!

【5】挟んで責める

人はなぜ乳首に惹かれるのでしょうか。きっと、そこがプクリと盛り上がっているからでしょう。

そんな乳首は、なにかで挟むのにもピッタリ。

  • 洗濯バサミ
  • ニップルクリップ
  • ヘアピン

『調教具』でギュッとはさめば、ますます敏感に。ローターや鈴がついているものも卑猥でオススメです。


→SM専門店でニップルクリップをチェックする

乳首開発のすすめ

乳首責めは、責めている方も責められている方も『視覚』で楽しめるプレイの一つです。

お互いの好みをリサーチして追求を重ねてみてくださいね。

お読みいただいて、ありがとうございます。あなたのSMプレイがますます卑猥で充実したものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ