猿轡でエッチした体験談!口を塞ぐセックスは最高にエロい

猿轡でエッチをしたドS男性の体験談

体験者:29歳 安田
ドM女性:23歳 ユウナ

「彼女と猿轡でエッチをしたので、そのときの体験を話します」

彼女の声が大きくて困っている……!

俺にはユウナという彼女がいます。

ユウナは同じ会社の後輩で付き合って1年になるのですが、会社の人には交際は伏せています。社内恋愛が禁止という訳ではないのですが、上司や同僚に色々と勘繰られるのが面倒だからです。

特に喧嘩をすることもなく仲良くやってきた俺たちですが、実は1つだけ問題がありました。

それは、エッチの時のユウナの声がデカいことです。

ユウナとエッチをするときは、大体会社から近い俺の家です。

俺が住んでいるマンションは築年数が古く、ときどき他所の家の物音が聞こえてくることがあるのですが……。

実はつい先日、管理会社を通して「夜中に声がうるさい」と苦情をもらってしまったのです。

ユウナにも「できるだけ声は抑えて」とは言っているのですが、感じてくるとどうしても大きな声になってしまうらしく……。

困っていたある日、エッチの時に口を塞いだらどうか?と思いついたんです。

呼吸困難でイキやすくなる!?

ちなみに、ネットで調べてみたらエッチの時に口を塞ぐと、女性はイキやすくなると書いてありました。

入ってくる酸素の量が減って酸欠状態になると、どうやらイキやすくなるらしいです。

なので、口を塞ぐこと自体はそんなにデメリットはないかも?と思い、その方法を考えてみることに。

猿轡やSMで使うボールギャグの使用も考えたのですが……。

ユウナがそういうプレイを受け入れてくれるか分からないので、まずは無難に口や手で塞いでみることに決めました。

キスや手で口を塞ぐとどうなる?

ユウナが感じて声が大きくなってきたら、すかさずキスをして口を塞いだり。

「大きな声を出しちゃダメ」と冗談っぽく言って手で口を塞いだり……。

こうした行動は確かに効果がありました。

でも、はっきり言って非常に面倒です。

気が散るし、エッチに全然集中できません。

そこで意を決して、ユウナに「こういう道具を使いたいんだけど、いいかな?」と切り出し、ネットで検索しておいたボールギャグを見せました。

タオルで猿轡をしてエッチ

ユウナは「ごめん、私の声うるさいよね……。そういうの使うとマシになるかな?」と言って、ボールギャグの使用を受け入れてくれました。

ただ、俺はボールギャグで本当に声が小さくなるのかはちょっと疑問で……。

あれってよくみると穴が空いているのもあるし、SMプレイのために作られているものだから、声を抑える効果はあまりないんじゃないかな?と思ったんです。

注文しても到着するまでには日数がかかるし、そこでとりあえず、家にあったタオルで猿轡をして、エッチをすることにしました。

ユウナの口にタオルを噛ませて、そのまま顔の後ろで輪ゴムで縛ります。そうすると簡単に猿轡が完成しました。

俺は自分はノーマルだと思っていたんですが、その姿がすごくエロくて可愛くて、「俺ってもしかしてSかも?」と思いながらいつも以上にがっついてしまいました。

ユウナも猿轡で興奮しているみたいで、いつも以上に感じてイキまくっていました。

ボールギャグ集めがブームに!?

しかし、タオルを使う猿轡には問題がありました。

1つは、激しく動くとエッチの途中で外れてしまうこと。もう1つは、口の中の水分がタオルに吸われてパサパサになることでした。

そこで、アダルトグッズのショップでSM用のボールギャグを購入。使用してみることに。


調教 ボール付き口枷

結論から言うと、ボールギャグは最高でした。

激しく動いてもエッチの途中で外れないし、見た目もすごくエロい。

「防音」という意味では、隙間もあるしそこまで効果はないかもしれませんが……、口枷をつけることで「声を出してはいけない」という意識が働くみたいで、ユウナの喘ぎ声が大きいという問題はかなり改善されたと思います。

俺もユウナもボールギャグにすっかりハマってしまって、それ以来、2人で色々な形のボールギャグを集めるようになりました。

猿轡エッチは支配感がたまらない

ボールギャグにはかなりたくさんの種類があって、見た目もさまざまでした。

結構色々なものを使ってみましたが、口の中にディルドがついているタイプのものは、防音効果もかなり高いように感じます。

何より、猿轡やボールギャグを使ったセックスは、支配している感があって癖になります。

最近はボールギャグ以外のSMグッズも買ってみようか?とユウナとで話しているので、もしかしたらこの先もっと変態的なプレイを楽しむようになるかもしれません。

猿轡でエッチした体験談のまとめ

いかがでしたか?

猿轡やボールギャグ。校長先生も大好物です。

「女の子が自由に声を出せない状況」というのは非常にそそりますよね。

唯一の難点は、ボールギャグは洗うのが大変なところでしょうか……。

しかしボールギャグの魅力に比べれば、そんなことは些細な問題ですね。

SMプレイを楽しむ上では、ボールギャグ(口枷)はぜひ揃えておきたいグッズの1つです。

「こんな過激な調教プレイがしたい……」というあなたには、ネットを使ったSMパートナーを探しもおすすめ。

本気でSMを楽しみたいのならサディスティック・サロン。お試しでSMの世界を覗いて見たいのなら完全無料の調教マニアで、ドSなご主人様やドMなペットを見つけてみてはいかがでしょうか?

お読みいただきありがとうございます。

またの授業でお会いしましょう!