今回の授業では、M女性からの体験談を紹介します。

体験者:22歳 飲食店勤務
名前:リホ(仮名)

SMバーで出会った男についていったらいつの間にか複数プレイになっていた……という体験談をお話しします。


二十歳のころ、友達に誘われてSMバーに行きました。

その頃私はモデルを目指して上京したばかりで、毎日生活費を稼ぐのでいっぱいいっぱいでした。カフェのバイトでたまたま知り合った女の子だけが唯一の友達で、その子に田舎者だと思われたくなくて、一生懸命話を合わせていました。

その子は夜は歌舞伎町のバーで働いていて、男経験もかなり豊富らしく、私はそれまで1人としか付き合ったことがなかったけれど、6人と嘘をついて、性経験も豊富な振りをしていました。

私はモデル志望で、ファッションにはかなり気を使っていたので、遊んでいる風に見られることも多く、その子もとくに疑っている様子はありませんでした。

ある日バイト終わりに、その子から「SMバーに興味ある?」と言われて私はSM自体どういうものかほとんど知らなかったけれど、でも何となく話を合わせているうちに「行ってみようよ!」と言われ、そのまま行くことになりました。

こっそりトイレでネットで検索してみると、実際にエッチをする訳ではないにしても、縛ったり店によっては触ったりすることもあると書いてあって、かなり不安だったけれど今更断るわけにも行かず、ビクビクしながらついて行きました。

店には看板も出ていなくて、その子はどうやら知り合いから店の場所やシステムを聞いていたらしく、店長らしき男性と楽しげに会話をしていました。「リホ、これ着たら食べ放題にしてくれるって!」と言われてレオタードのような衣装を差し出されて、さすがに断ったけれど、でもそういうコスプレ衣装や、見たこともないような道具がたくさん並んでいて、別世界に足を踏み入れたような気持ちになりました。

ちなみにその店は女性は飲み放題で、何時間いても500円と言われて驚きました。

店内には10人ほどの客がいて、イチャイチャしているカップルもいれば、一人でずっとスマホをいじっている人もいました。そのカップル以外は女性は1人だけで、あとはみんな男性。私たちは店の人に促されて、男性たちが座っている席の近くに案内されました。

「ここ、Sの人はこれつけるんだって。でも、リホはいらないよね」

そう言って、友達は銀色の缶バッジを自分の胸につけていました。しばらく2人で話しながら飲んでいると、2人連れの男性に話しかけられました。

その人たちは常連で、1人はバッジをつけていて、もう1人はつけていませんでした。自然と、友達とバッチをつけていない男、私とバッジをつけた男で会話をする流れになり、私は正直早く帰りたくてそわそわしていました。その男の人がかなりオラオラ系の、私が苦手なタイプだったこともあります。

その居心地の悪さから、私はお酒ばかりどんどん飲んでしまい、酔った勢いでエッチな質問にも結構答えてしまいました。店にはトランプなどのちょっとしたミニゲームや『罰ゲームカード』が用意してあって、私たちはそれをやっていたのですが、その罰ゲームの内容が『乳首の場所当て』とか『喘ぎ声の再現』とか、エッチなものばかりなんです。しかも私は結構負けてしまって、気づくと私たちのテーブルの周りには最初に着た男2人の他にも、5、6人の客が集まっていました。

中でも『直接乳首を舐める』という罰ゲームに当たったときは、「冗談でしょ?さすがに無理」と思い、でも、その罰を実行する男の人に「本当にいいの?」と聞かれるとなぜだか断れなくて、大勢の人に見られているのに、服をまくられて乳首をなめられてしまいました。

私は酔っていてあまり覚えていないのですが、友達が「リホ感じてるじゃん」「絶対濡らしてるよ、やらしー」とか言っていたのを覚えています。舐められているうちに、もう恥ずかしさと「どうにでもなれ!」という気持ちとでボーッとしてきて、長いなと思ったけれど男の人がやめないから、結構長い時間舐められていました。

男の人が顔を離した時に勃起しているのに気づいて、なんとなく気まずくてトイレに立つと、その乳首を舐めてきた男の人(ちなみにこの人は最初に声をかけてきた男とは別)から、「外に出ようよ」と言われました。

私はそれがどういう意味なのか深く考えずその人について外に出て、気づくとタクシーに乗せられてその人の家に向かっていました。

その人はカズと名乗って、家は都心で一人暮らしにしては広すぎるくらいの家だったので、結構お金持ちだったんだと思います。カズは家についてからも私にお酒を進めて、SMバーの延長みたいにエッチな質問をしたり、エッチなことをしてきて、私は流されるままに服を脱がされて、そのままソファで挿入されてしまいました。

その後ベットに移動して、「ちょっと待ってて」と言われたので目を閉じてウトウトしていると、突然何かがのしかかってくるのを感じました。驚いて目をあげると、一瞬知らない人が見えて、でも部屋の電気は消されていて、しかもタオルみたいな物を被せられてしまい、アソコをなめられたり、おっぱいを揉まれて、また挿入されました。

その人とのセックスはやっぱりさっきの人とは違うなと思っていたら、急に目隠しを外されて目の前におチンチンがあって舐めされられて、そうこうしているうちにまた挿入されて……ということを繰り返されて、男の人たちが何人かで会話しているにも聞こえてきました。気づいたらベッドで眠っていました。

朝起きたときには、一緒にタクシーに乗った男1人しかいなかったけれど、昨晩は2人か、もしかしたら3人以上の男の人と関係を持ったのかもしれません。中に出されてはいなくて、妊娠したりもしていませんでしたが、それ以来そのバイトは辞め、あの友達とも会っていません。それからは自分を偽るのもやめました。もちろん、SMバーにも行っていません。

お読みいただきありがとうございます。あなたのSMプレイがますます卑猥で充実したものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ