【電マオナニー指示】激しい振動で意識も飛びそうだけど辞められない……

『鬼畜な変態ご主人様にSM調教されてみたい』

あなたも、そんな風に考えた経験があるかもしれません。

世の中のドMな女性たちは、いったいどのような調教を受けているのでしょうか?

今回の授業では、M奴隷がご主人様に出された、電マを使った5つのオナニー調教を紹介します。

【1】服の上から電マを10分間当て続けなさい

このオナニー命令を受けたのは、19歳の短大生です。

「私、変態なんです。変態すぎてどうしてもSM調教されたくなって、ネットでご主人様を見つけて調教してもらいました。その時に出されたのがこのオナニー命令です」

短大生の女性は学校から帰るとご主人様とビデオ通話をしながら、さっそく電マオナニーを開始。

服の上からとはいえその振動は強烈で、3分もしないうちに1度目の絶頂に達したのだとか。

しかし電マオナニーをやめることは許されません。

「そのまま当て続けたら、膝がガクガク震えてお漏らししてしまって……後から掃除するのが大変でした」

そんな風に語る短大生女性は、使い勝手の良いものを探して今は4台の電マを所有しているという変態ドM奴隷です。

【2】電マで潮吹きするまでオナニーしなさい

電マ

このオナニーを体験したのも、先ほど紹介した19歳短大生の女性です。

「お漏らしをした後、ご主人様に"次は潮吹きを覚えよう"と言われました。それで、電マで潮を噴けるようになるまでオナニーするよう指示されたのです」

……と言っても、当時の短大生女性には潮吹きの経験はなく、この命令には相当苦戦したのだとか。

しかしドMなだけあり、毎日必死にオナニーした結果3週間ほどで『潮吹き体質』に慣れたのだそうですよ。お見事です。

【3】バイブと電マでオナニーしなさい

バイブと電マ

バイブと電マでのオナニーを命令されたのは、24歳人妻女性です。

「私は旦那にSM調教されています。私は最初ノーマルだったのですが、Sな旦那とセックスしているうちにどんどんMになってしまったんです。そして調教の一環としてバイブと電マでのオナニーを命令されました」

旦那が見ている前で、バイブを挿入。

そして強烈に振動する電マをクリトリスに当てると、あっという間に逝ってしまったのだとか。

【4】鏡の前で電マオナニーしなさい

鏡の前で電マを使うよう命令されたのは、18歳の女子校生。

「恥ずかしかったから、スカートと下着だけ脱いで、全身が映る姿見の前でオナニーをしました……。自分のアソコが電マの振動でブルブル震えて、どんどん蜜が溢れてくるのが分かりました。恥ずかしすぎて死にそうでしたが、ちゃんと実行したと伝えるとご主人様には褒めてもらえました」

こちらの女性は最初は恥ずかしかったものの、最後は鏡越しの自分の姿に興奮してしまったのだとか。

鏡を使ったプレイはSMでもよく行われますが、恥ずかしがりつつも感じる女性の姿はとても可愛らしいですよね。

【5】電マを挿入しなさい

連続でイク

この鬼畜な命令を出されたのは、22歳の女子大生。

「実は私、処女だったんです。それで調教でご主人様に処女も捧げるつもりだったのですが、私の初体験の相手は電マになりました」

こちらの女子大生は、3つ年上のご主人様に調教されていたのだそう。

しかしある日、調教中に約束を破った為に『お仕置き』として電マ挿入による処女喪失を命令されたのだとか。

「もちろん、使ったのは小さめの電マです。でも、おチンチンよりはちょっと太めだし、絶対入らないと思いました。……入っちゃいましたけど」

処女なのに電マ挿入とは、過激ですね。

今ではそれよりも大きめの電マの挿入も楽しんでいるそうですよ。

連続アクメは女の特権

いかがでしたか?

電マはオナニーにもプレイにも使える便利な品。

SMファンとしてはぜひ1本持っておきたいところですね。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのSMライフがますます充実しますようお祈りしております。

それでは、またの授業でお会いしましょう。

【SM妄想教室】を応援する