今回の授業では、S男性からの体験談を紹介します。

体験者:33歳 居酒屋勤務
名前:エイジ

バイトの女の子にバイブ勤務させた体験談です。


当時俺は居酒屋の店長をやっていた。……と言っても、この仕事を長つづつける気はもともとなく、金が溜まったらやめようと思っていたからかなりゆるく適当に働いていた。バイトはフィリピンや中国からの留学生ばかりで、あれこれ細かく教えるのが面倒になった、ということも理由の1つだ。

スズはそんなときに入ってきた。どうやら前にやめた女の子の友達らしく、「店長がいい人だからって勧められたんです」と言われれば悪い気はしなかった。……が、はっきり行って仕事はボロボロだった。

オーダーは取り間違う、運んでいた料理やこぼす、皿やグラスは割る。前に働いていてた女の子は仕事ができる子だったから期待していただけに、俺の落差は大きかった。スズはそれを敏感に感じ取ったのかいつも申し訳なさそうで、かといって決して不真面目な
訳ではないから、俺としても途方にくれてしまった。

が、顔が良いからか愛想が良いからか不思議と客からは人気があり、散々ドジをしているわりにクレームはほとんどなかった。

しかしある時、スズが会計時にやらかして3万円程度の損害を出してしまい、さすがにクビにするべきかと悩んでいると、スズは今にも泣き出しそうな顔で「なんでもするから辞めさせないで」と言ってきた。

俺は疲れていたのとイライラしていたのとで、冗談で「じゃあヤらせてくれる?」と言ったら、スズはなんとその場で服を脱ぎ出した。

「待って、冗談だよ」と言っても止まることはなく、結局俺は事務所で美味しく頂いてしまった。閉店後で他のスタッフもいなかったものの、さすがに社会人としてまずいかも……と思ったけど、スズに「実はずっと好きだった」と打ち明けられ、その罪悪感も薄れ2回戦に突入した。

けれど、俺はスズと付き合うつもりはなかった。というのも、遠距離恋愛中の彼女がいたからだ。スズも噂でそのことは知っていたらしく、でもどうしても俺のことが諦められないから体だけでもいいとまるでエロ漫画のようなセリフを言ってきた。

「それは困るよ」と断ってもしつこく食い下がられて、なんとなく投げやりな気分になっていた俺は「じゃあ俺の性奴隷ならいいよ」とこれまたエロ漫画のようなセリフを吐いたら、スズはなんとそれでも良いと言ってきて、そこから俺たちの奇妙な関係がスタートした。

彼女に申し訳なくて、なんとなく家に呼ぶのはためらわれたから、以前のように事務所でSEXをした。スズの体は男のツボを抑えていて、アソコの締まりや反応も良かったから、俺もすぐに夢中になった。

ある日、またミスをしたスズに事務所の掃除を命じて、そのときふといたずら心が湧いて、ネットで購入したバイブをアソコに入れたままやらせた。さすがにスイッチは切っていたけれど、でもかなり違和感はあるらしく、スズはもじもじしながら涙目で俺を見つめてきて、そのまま同じときにネットで買った電マを押し当てると、これまでにないくらい激しく逝った。

その後、3ヶ月くらいはこんな関係が続いて、でも合うたびに「付き合って欲しい」と言われることに俺はうんざりしていたし、スズの方も今の関係がだんだんしんどくなってきたみたいで、自然とスズがバイトにくる回数も減り、最後は俺が地元に帰ることになってこの関係は終わった。

俺は今は別の仕事をしていて、そのとき買ったバイブと電マは彼女に使って楽しんでいる。他の女の子に使っていたことは内緒だ。

お読みいただきありがとうございます。あなたのSMライフがますます充実しますように。

では、またの授業でお会いしましょう!

こちらの記事もおすすめ