「あなたとのセックスが忘れられない……」

こんな風に言われたら、男冥利につきますよね。

そこで、今回の授業では『セックス上手な男性になるための6つのポイント』をご紹介します。

「女性をイカせられない」と悩んでいる方も、ぜひ参考にしてみてください。

【1】ムード作り

セックスはベッドに始まる前から始まっています。

「今夜はセックスだ!」と心に決めている日は、いつも以上に彼女を言葉や行動で『酔わせて』あげましょう。

  • お姫様扱いをする
  • 男らしい姿を見せる
  • 愛していると行動で伝える
  • 情熱的に求める

これらも、女性をその気にさせるために有効です。

【2】愛撫に時間をかける

一気に興奮する男性に比べて、女性の興奮はゆるい坂道を登るように、徐々に高まっていきます。

前戯には時間をかけましょう。

『脳で感じる』と言われるとおり、女性はキスして、褒めて、髪を撫でてあげることでも感情が高まり、オーガズムを得やすくなります。

【3】ソフトタッチ

女性の皮膚の感度は、男性の10倍とも言われています。

男性にとっては『なにも感じない』程度の、触れるか触れないかのソフトタッチも、女性にはとても有効です。

というのも『触れるか触れないか』程度の刺激を与えると、体はその刺激をはっきりと確認しようとして、より敏感になります。

ソフトタッチを繰り返すことで、女性の感度をあげることができます。太もも、背中、脇腹などを責めてあげるのがオススメです。

【4】クリトリスへの刺激

「とりあえず挿入」と考えている男性は多いのですが、女性の膣内は、男性が思っているほど敏感ではありません。

「ものが入っていることはなんとなく分かるな」という程度の感度だと考えておきましょう。

GスポットやPスポットが開発されている女性は膣でイクことも可能ですが、そうではない、とくに性経験の浅い女性は、膣ではそれほど快感を得られません。

挿入中にも、ペニスで擦るなどして意識的にクリトリスを刺激するよう心がけましょう。

【5】密着する体位

女性は、愛する人とより多くの皮膚が密着する体位を好む、と言われています。

もちろん、Mっ気のある女性は『無理やり犯されている感』のあるバックが大好きだったり、性経験の豊富な女性にはそれぞれ『お気に入りの体位』があったりします。

密着するものを含め、いくつかの体位を試し、女性の反応が良いものを多めに取り入れましょう。

【6】イカせてあげる

自分だけ気持ちよくなるのではなく、きちんと女性をイカせてあげましょう。

早漏傾向のある人は、厚めのコンドームを使用したり、事前にオナニーで抜いておくことをオススメします。

また、前戯で嫌というほど行かせてあげておくと、挿入時間や大きさに物足りなさがあっても、『あなたとのセックスの時間』に満足してもらいやすくなります。道具を使うのも良いと思います。

逆に、挿入時間があまりにも長かったり、ペニスが大きかったり長すぎる場合、女性は気持ち良さよりも『苦痛』を覚えてしまいます。

ローションを使うなどすると多少は緩和されますが、その場合は女性にフェラをしてもらうなどして、挿入時間を短くする工夫が必要です。

セックスが上手いと人生が変わる

いかがでしたか?

「セックスで女性を満足させていると喧嘩が少ない」という話があるように、セックスが上手い男性は、『雄』として女性から愛されます。

女性を本気で感じさせられるよう、あなたとパートナーにあったセックスを探してみてください。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのセックステクニックがますます上達し、充実するようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ