効果的に言葉責めがしたい!

あなたも、そんな風に思った経験があるかもしれません。

相手の被虐心・羞恥心を煽る『言葉責め』は、SMプレイにおいて重要な役割を持っています。

しかし人によって『どんな言葉に感じるか』はさまざま。

今回の授業では『M女性に人気の高い7つの言葉責め』をご紹介します。

【1】『お仕置き』

M女性の心をくすぐる『お仕置き』という言葉。

  • 我慢できなかったお仕置き
  • ほかの男と話したお仕置き
  • 先にイったお仕置き

など、適当な理由を付けて『お仕置き』しましょう。女性が恥ずかしがって抵抗したら「お仕置きだから」と耳元で囁くのもサービスのうち。

【2】『罰』

お仕置きと同様の使い方が出来る、『罰』という言葉。

こちらも、M女性の(S男性も)心を激しく揺さぶる単語です。

『罰を与えないと』『できなかった罰』など、こちらも適当な理由を付けて罰しましょう。

【3】『〜しろ』

「舐めてくれる?」ではなく、「舐めろ」「くわえろよ」などの命令口調も、M女性の心のアンテナにビンビン反応します。

多少強引に、乱暴に女性の体を扱うと、ますます効果はアップ!

【4】『〜するな』

「〜しろ」だけではなく『してはいけない系』の命令もオススメです。

鏡から目をそらそうとしたM女性に「目をそらすな」と命令したり。オナニーでイキになった女性に「まだイクな」と命令したり。

【5】『淫乱』

  • こんなに濡らして、淫乱だな
  • こんなことで感じるなんて変態だな
  • いじめられて喜ぶなんてドMだな

など、女性の性癖を責めるのもオススメ。

なぜなら、SM好きの女性は、大概自分の性癖に後ろめたさを感じているからです。そこを責め、同時に逃れられない快感を与えることで、背徳感を与えることができます。

【6】『ごめんなさい』

この言葉は、男性が言うのではありません。女性に言わせます。

『電マ責めするからイカずに10分我慢しろ』などの無茶な命令をしたあと、その命令に背いた女性に言わせましょう。

女性の中での『責められている感』が増します。

【7】『許してほしい?』

『お仕置き』や『罰』の際には、激しく、激しく、激しく責めましょう。

そして途中で「許してほしい?』」尋ねます。

「許す」という言葉が女性の被虐心を煽り、より一層感じてくれます。

おわりに

いかがでしたか?

ちなみに、調教が進んでいないM女性やノーマルの女性は、男性に言葉責めをされたときに「この人何1人で盛り上がってんの?」と密かに引いてしまう場合があります。

最初のうちは「可愛いよ」「色っぽい」などの褒め言葉に、「凄く濡れてる」「(乳首を触りながら)こんなに硬くなってる」などの羞恥系の言葉を織り交ぜて様子を見ましょう。

お読みいただいて、ありがとうございます。あなたのSMプレイがますます卑猥で充実したものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ