【電マ拷問】ステージの上で公開調教される長女は痙攣潮吹きする

性奴隷として鬼畜な男達に強制調教される美人三姉妹

このページは、性奴隷として売られた美人三姉妹が鬼畜な男達に陵辱されるSM小説の第3話《麻里編》です。

登場人物

北条麻里(22)……三姉妹の長女。おっとりしていて優しい性格。巨乳。
北条友里(20)……美人で真面目な次女。三姉妹の中では唯一の非処女。
北条紗里(18)……勝気でプライドが高い。ロリ顔で中学生に見られるのが悩みの末っ子。

あらすじ

北条麻里・友里・紗里の三姉妹は、『お嬢様』として何不自由なく暮らしていた。

しかしある日、両親が失踪。

貯金を崩しながらなんとかやっていた三姉妹の元へ、ある日突然怪しげな黒服の男たちが家にやってくる……。

散々陵辱された三姉妹は、ボス格の男にある取引を持ちかけられて……!?

長女の麻里は、一晩で50万円稼げるという怪しげなショーに出演することとなる。

公開調教ショー・第一部

明らかに怪しい仕事

「お姉様、そんなの……辞めた方がいいわ」

下の妹2人にはそう言われたけれど。

麻里は自分がこの仕事受けようと決めていた。

「藤田」と名乗るボス格の男が、三姉妹に提示した『性奴隷』としての仕事は3種類。

そのうちの1つが、これから麻里が向かおうとしている「一晩で50万稼げる」という怪しげな仕事だった。

藤田が指定してきたのは場所だけで、その内容については全く明かされていない。

ただ、金額が金額なだけに、まともな仕事ではないことは確かだ。

(でも……私がやらなくちゃ。妹たちを守らなくちゃ……!)

麻里はこの春大学を卒業し、就職することが決まっている。

しかし『性奴隷』として海外に売られてしまえば、そんな未来すらもなくなってしまうのだ。

国内であの男たちの性奴隷として働けば、少なくとも海外に売られることはない。

(妹たちのためにも……自分の未来のためにも……)

麻里は改めて決意し、藤田に指定された『F』というビルへと向かった。

地下の会場

Fは一見普通の雑居ビルだ。

受付のような場所で「藤田の紹介できた」と告げると、スーツを着た30代くらいの男が、意味深な笑みをうかべ「こちらへ」と麻里を促す。

男は東堂と名乗った。

背が高くて一見するとモデルや俳優のようにも見えるが、東堂にはどこか人を威圧するような独特の雰囲気があった。

麻里は不安な気持ちを抱きながらも、東堂に続いて暗い階段を降り、重そうな扉を開けるのを見守る。

扉の向こうには異様な世界が広がっていた。

そこは、まるで小さなコンサート会場のように、ステージと客席が用意されていたのだ。

扉も防音になっているようなので、実際にコンサートを行うことも可能だろう。

……しかし、そこがそういう目的で作られたのではないことは明らかだ。

まず、そこにいる客の姿が異様だった。

会場には60ほどのテーブルが並べられ、1つのテーブルには3〜4人の男が座っているのだが……、その男たちはそれぞれが女を連れていた。

そしてその女たちは、首輪とリードをつけられ、犬のように四つん這いで男たちの足元にうずくまっているのだ。

女たちの服装は様々で、セーラー服の女もいれば、全裸の女もいる。

そして、女たちの中には股間にバイブレーターを埋め込まれたり、男にフェラチオをしている者もいた。

(なんなの、ここ……)

扉の前で麻里が立ちすくんでいると、東堂がその細い首に、突然何かを取り付ける。

それは、会場にいる女たちのものと同じ首輪だった。

「あなたは今日のスペシャルゲストだ。丁重におもてなしさせていただきますよ」

東堂は冷たい笑みを浮かべてそう言うと、会場にいた係員を呼びつけた。

亀甲縛り

麻里は2人の係員に、控え室のようなところへ連れらてこられ、そしていきなり服を脱いで全裸になるように命じられた。

当然そんな命令は聞きたくないが、しかしここで逆らったら、自分はもちろん妹たちの未来までも奪うことになってしまう。

ここにくると決めた時点で、ある程度の覚悟はしていたはずだ。

麻里は素直に服を脱ぐと、丁寧にたたんで近くの椅子の上に置いた。

「あの……下着も脱がないといけないのでしょうか?」

麻里の質問に、男たちは顔色一つ変えずに無言で頷く。

麻里は意を決してブラジャーを外し、パンティを脱ぐとそれも他の服に重ねる。

麻里の体を見て、男の1人がヒュウと口笛を吹いた。

「なかなかの巨乳じゃないか。何カップだ?」

「……Gです……」

麻里は真っ赤になってうつむく。

周りからは羨ましいと言われるが。

胸が大きいことは麻里のコンプレックスだった。

「よし、じゃあさっさと縄化粧といくか」

男の1人がそう言うと、どこからか取り出した真っ赤な縄で、麻里を縛り始めた。

「いや……、どうして……」

そんなことをしなくても、逃げはしない。

麻里がそう訴えるも、男たちは手を止めようとはしなかった。

しかもそれはただの縛り方ではない。

胸を強調するように縛る、いわゆる『亀甲縛り』だった。

そして股間部分にも縄を回されたとき、麻里は悲鳴をあげる。

「痛い!いや……っ!痛いです!」

その部分には、いくつのもの結び目が作ってあったのだ。

その結び目の1つは、ちょうどクリトリスに当たるようになっていて、麻里を苦しめる。

「ハハ、慣れりゃ気持ちよくなるさ」

男は最後に麻里の両手を後ろ手に拘束すると、首輪のリードを引き、麻里を控え室から連れ出す。

「さぁ、楽しいショーの始まりだ」

電マ拷問ショー

強制開脚

控え室は、ステージと繋がっていた。

亀甲縛りをされた麻里は、係員の男に首輪を引かれ、大勢の観客が見守るステージへと強制的に連れ出されたのだ。

麻里がステージに上がると、「オォー!」という大歓声が上がる。

この会場に集められて言るのは、実は嗜虐的な金持ちばかり。

中には、お嬢様である麻里を知っている者もいた。

幼い頃から「美人三姉妹」と言われていた北条三姉妹は、一部の金持ちの間では有名だったのだ。

「あの北条家の長女が、このショーに出演するなんて……大金を積んでチケットを買った甲斐がありましたよ」

「下の妹2人もいいけど、やはり一番上は絶品ですなぁ。なんといってもあの巨乳。ずっとめちゃくちゃにしてやりたいと思っていたんです」

そんな言葉が、会場のあちらこちらで聞かれる。

(いや……怖い……)

麻里はその大きな瞳いっぱいに涙を浮かべて、少しでも会場の男たちの視線から逃れようとする。

しかし身を捩るとそのたび体に縄が食い込み、特にクリトリスを強烈に刺激するため、麻里は返って苦しめられることとなった。

ステージの上で待機していた東堂が、会場に向けてマイクで喋り始める。

「レディースアンドジェントルメン!本日は北条麻里の公開調教ショーに、ようこそお越しくださいました」

その言葉に、会場から割れんばかりの拍手と歓声が上がる。

(公開調教ショー……?)

その言葉に怯えて後ずさる麻里だったが、係員の男がそうはさせてくれない。

麻里はステージの中央に垂れ下がるフックに、首輪をつながれてしまった。

フックの高さはつま先立ちでギリギリで、麻里が少しでも膝を曲げると首が絞まってしまう。

そしてさらに、東堂は麻里の右足を持ち上げると、膝の辺りにロープをかけ、そのロープもフックにつないでしまった。

「いや……恥ずかしいし、息が……っ、苦しいです……っ」

麻里は片足を大きく上げて拘束された状態だ。

縄が食い込む割れ目が観客に晒されるが、両手も拘束されている麻里にはどうすることもできなかった。

クリトリス責め

東堂は再びマイクを手にして喋り始める。

「こちらの北条麻里は、本日が初調教!先日アナルの方は開通済みですが、膣穴はまだ未開通でございます」

その言葉に、会場からどよめきが上がる。

「処女なのに、アナルは開通ってどういうことだよ……」

「あんなに美人なのに処女で、あんな恥ずかしい格好で縛られて……」

そうした言葉は麻里の耳にもしっかり届いているが、しかし反論することすらできない。

麻里は不安定なバランスで、片足で自分の体重を支えるのに必死だったからだ。

少しでも気を抜くと首が締まってしまうし、相変わらずクリトリスには縄が食い込んでいて、麻里を激しく責め立てる。

そして東堂は、そんな麻里をさらに苦しませる悪魔の道具を取り出した。

電マだ。

「麻里はいわゆるお嬢様です。こうした卑猥な玩具でのオナニー経験もないでしょう……」

そういうと、東堂は食い込んだ縄の上から、クリトリスに電マを当てたのだ。

「ひゃあぁああっ!」

振動は微弱だけれど、強烈だった。

麻里は思わずバランスを崩し、それによって首が絞まってしまう。

「ん……っ!」

しかし東堂は容赦無く、クリトリス に電マを当て続ける。

麻里はパニック状態だった。

酸欠で意識は朦朧とするけれど、縄と電マによる強烈な責めによ、る痛みとも快感ともつかない刺激がが全身を貫くのだ。

「ん……っ!んぐ……っ!」

そしてその時、麻里がガクガク痙攣したかと思うと、股間からプシャアと水が漏れ出した。

潮を噴いたのだ。

「おやおや……初回から潮吹きとは、これはかなりの好き者のようですね」

東堂はそう言いながら、ようやく電マを離すと、麻里の体を支えて体勢を立て直す。

「んぁ……っ!ハァ……っ!」

首絞め拷問

ようやく気道を確保でき、麻里は必死に呼吸を繰り返す。

しかし東堂は麻里に休む間を与えず、再び電マで責め立てる。

「んぁあああっ!」

麻里は必死に耐えようとするが、しかしまた同じようにバランスを倒し、首が絞まってしまう。

それでもなんとか持ち直そうとするのだが、そんな麻里を見て東堂は楽しげに、電マの振動を強くした。

「いやぁあああああっっ」

麻里の足からガクリと力が抜ける。

「うぐ……っ!」

呼吸ができずに苦しむ麻里を東堂はさらに追い詰める。

酸欠で苦しむ麻里の割れ目に食い込む縄に沿って、何度も何度も電マを往復させるのだ。

しかし、意識を失わないように、時折体を支えて体勢を整えさせることも忘れない。

「いや、助けて……っ!」

麻里の懇願に耳を貸すものは、この会場にはいない。

ギリギリのところで手を差し伸べたかと思うと、今度はクリトリスに強く押し当てて絶叫させ、また意識を失うギリギリまで放置する。

麻里は何度も「許して」と懇願するが、東堂がそれを聞き入れることはなかった。

そして麻里の顔が涙と涎でベチョベチョになり、太ももと床が潮と尿と愛液でビショビショになった頃。

東堂はようやく、電マのスイッチを切ったのだった……。

第4話へ続く→【浣腸・玉こんにゃく】アナル陵辱された長女は白目を剥いて失神

無料で調教体験してみる?→調教マニア

SM小説TOPへ戻る