【SMレストラン】三女を購入したのは大金持ちの変態美食家だった

【SMレストラン】三女を購入したのは大金持ちの変態美食家だった

性奴隷になった美人三姉妹の物語の第3話(実果編)

このページは、性奴隷として売られた美人三姉妹のSM小説の第3話です。

第2話を読む:【奴隷オークション・子宮調教】三姉妹は変態大金持ちの見世物にされる

シリーズ一覧はこちら→《SM小説》女子校生・OL・人妻……男に調教される美女達の物語

登場人物

北条一花(いちか)……22歳。三姉妹の長女。妹思いの優しい性格。巨乳。彼氏持ちの非処女。
北条双葉(ふたば)……20歳。美人で優等生タイプの次女。才色兼備で男子生徒から人気がある。
北条実果(みか)……18歳。勝気で生意気な性格の三女。姉達に似た美形だが、ロリ顔で中学生に見られるのが悩みの末っ子。

あらすじ

北条一花・双葉・実果の三姉妹は、『お嬢様』として何不自由なく暮らしていた。

しかしある日、三姉妹が暮らすマンションに見知らぬ男達が乱入。

「検品」を受けた三姉妹は、そのままオークション会場へと連れていかれる……。

6億6千万円で落札された三女・実果は、とあるレストランにいた……。

性奴隷はプチトマトで調教される

奴隷オークションで実果を購入したのは、とある大金持ちの美食家だった。

その男の名前は「荒城」という。

荒城は実果を落札すると、その足でさっそくとあるレストランへと向かった。そこは知るひとぞ知る、「SMレストラン」だ。

SMレストランを簡単に説明するなら……「食べ物を使ったSMプレイ専用の施設」である。

何を隠そう、荒城はここのオーナーだった。

そして今、目の前のテーブルには四肢を拘束された美しい美少女……実果がいる。

18歳ということだが、どう見ても中学生にしか見えない。しかし服を脱がせてみると、案外それは間違っていたと気づく。

実果の体は小柄だがそれなりに胸やお尻には肉が付いており、「女」の体をしていた。

この嬉しい誤算に、荒城はほくそ笑む。

「若い女を味わいたくてお前にしたけど……案外私のチョイスは間違っていなかったようだな〜」

そう言うと、荒城は実果の割れ目に、プチトマトを押し当てると……中指でスッと奥まで押し込んだ。

「……っ!!!」

実果は歯を食いしばり、その痛みや違和感に耐える。

プチトマトはギリギリ処女膜を破らない小さめのものだったが、未開通の膣穴に異物を押し込まれる違和感や恐怖は相当なものだ。

実果は全裸でテーブルに拘束されているが……先ほどから一切声をあげることはない。

なぜなら、「少しでも声をあげたり抵抗したら、お前の処女喪失はこのゴーヤだ」と荒城に脅されているからである。

実果の膣穴にはすでに3つのプチトマトが埋め込まれているが、実果は必死に耐えていた。

性奴隷は箸で乳首やクリトリスを摘まれる

そんな実果をニタニタと見下ろしながら、荒城はおもむろにテーブルの隅にあった箸に手を伸ばす。

そして綺麗な箸づかいで、実果の乳首を摘んだ。

「ーーーぁっ!」

「ん〜?今、声が出たような気がするな……」

荒城はそう言いながら、箸で乳首を摘んだり転がしたりして、実果を追い詰めていく。

実果は顔を真っ赤にして、必死に首を降って「声は出していない」とアピールしていた。

「はは……それなら、これはどうかな?」

そして荒城は、実果のクリトリスに箸を伸ばす。

パチンと摘まれ、引っ張られ、かと思いば先端で突かれる。

「この豆は美味しそうだな……」などと言いながら、何度も何度も細い箸先で嬲られ、実果の全身にはびっしりと汗が浮かんでいた。

「ははは、実果はしぶといなァ」

荒城はそう言うと、膣穴の中に慎重に箸先を挿入し、起用に先ほどから挿入していたプチトマトを取り出していった。

ようやく異物感がなくなりほっとするが、しかし当然これで終わりではない。地獄はここからだったのだ。

性奴隷は泣きながらわさびと辛子に耐える

実果は必死に耐えていた。荒城は実果のお腹の上に「少しでも声を出したらこれで処女喪失だぞ」と言ってゴーヤを置いたのだが、そのゴーヤはどう考えても、膣穴に入る大きさではないのだ。

処女の実果はそもそも膣がどのくらい広がるのかなど知らないが、こんなものを入れたら絶対に壊れてしまうと感じた。

(耐えなきゃ……こんなの絶対無理……!)

荒城はそんな実果を楽しげに見つめて、凌辱を続けていく。そもそもこの男は、こうして若い女をいたぶることが大好きなのだ。

そして普通のSMプレイでは満足できなり、様々な食材でSMを楽しめるレストランまで開店してしまった……。

「我慢強い子は嫌いじゃないよ」

そう言いながら次に用意したのは、チューブに入ったわさびと辛子だ。

明らかに怯えた表情を浮かべる実果に見せつけながら、それを指先に取り出していく。

そしてそれを左右の乳首へと塗り込み始めたのだ。すぐに、肌を刺すような刺激が実果を襲い、自然と目からは涙がこぼれ落ちた。

「泣いちゃって、可愛いな〜」

そして荒城は、なんとそのわさびと辛子をクリトリスにも塗り込み始めたのだ。

「ーーーーーーっ!!!!」

声を出さなかったのは奇跡だと思った。ありえないほどの強烈な激痛が秘部を襲い、実果の全身が跳ねる。しかし四肢は固く拘束されていて、決してそれが解けることもなかった。

(痛い痛い痛い痛い痛い!!!!!!)

実果はフーッフーッと威嚇する猫のように呼吸を繰り返しながら、荒城を睨みつける。

荒城は感心したような目で実果を見て、「それならこれはどうかな?」と笑った。

性奴隷はアナルにタバスコを入れられ絶叫する

荒城が次に取り出したのは、タバスコだった。そして蓋を開けたタバスコを、なんの予告もなしに実果のアナルへと押し込んだ。

そして少しずつ傾けていく。

「ーーーーーーっ゛!!!!!!」

途端に、アナルに激痛が走った。

(無理……耐えられない……!)

実果の唇からは、噛み締めすぎてすでに血が滲んでいる。

荒城は「早く諦めた方が楽かもよ〜?」などと言いながら、タバスコの瓶を降る。

実果はもはや号泣していた。痛みと、恐怖と、絶望と……それらがまぜこぜになり、全身を支配していく。

しかしそれでも、自分の腹の上に置かれたゴーヤを挿入される覚悟はできない。

荒城はタバスコの中身を半分ほど注ぎ込むと、残りは乳首やクリトリスに振りかけた。

もはや痛すぎて感覚が麻痺したそこは、ジンジンと熱を持っているように感じられた。

性奴隷は山芋を塗られ限界を迎える

実果はあまりの痛みに何度か意識を失ったが、その度に不思議なハーブのようなものを噛まされ、目を覚ます。

「このSMレストランでは、気絶する女も多いから。気付のハーブをいつも置いているんだ。これは何回も使っていると、どんどん気絶しにくくなっていくぞ」

荒城のその言葉の通り、実果は自分の意識がどんどんとはっきりして、そして体も敏感になっているように感じた。

そしてそれは、「苦痛が増す」ということ以外の何でもない。そのため、実果は声を出さないだけではなく、意識を飛ばさないようにも頑張らなくてはならなかった。

しかし、その努力はついに終わりを迎える。

荒城が、すりおろした山芋を持ってきたのだ。

「これに耐えられたら、性奴隷から解放してやってもいいよ」

荒城のその言葉に、実果はなんとしてでも耐え抜いてやると思ったが……

まず、荒城はその山芋を、実果の全身に塗りたくった。そして、浣腸器を使い膣穴とアナルにそれぞれたっぷりと注ぎ込んだのだ。

10分もすると、実果の体に異変が現れる。痒くて痒くて仕方がないのだ。

しかし掻こうにも、四肢を拘束されていてどうにもできない。これは、耐えようとして耐えられるものではなかった。

「ーーーーーっ!あぁあ゛ああ!!!!!」

耐えきれなくなった実果は絶叫し、体を揺らす。

「助けて!!!!かゆい、かゆいよぉお゛おお!!!」

その言葉にニヤリと笑うと、荒城は「どうして欲しい?」と訪ねた。

性奴隷は「舐めてください」と懇願する

実果は「掻いて!」と頼んだが、それを素直に聞き入れてやる男ではない。

なんと言ってもここはSMレストラン。女をいじめる場所なのだ。

「掻くのは無理だが……舐めるのなら、してやらないこともない。お前がしおらしくおねだりするならな」

そういうと、荒城はベッと舌を出して見せつける。それは通常の人の、1.5倍ほどの長さがあった。

「……っ。お願いします……、舐めてください……っ!」

「どこを?」

「全部、全部舐めてください!!!」

その言葉と同時に、荒城が実果の乳首を舐め上げた。そこには先ほどの凌辱で使用したわさびやタバスコも付着していたが、荒城はまったく気にする様子はない。

荒城の舌は長年のこうしたプレイで、すっかり辛味に慣れてしまっているのだ。

「あぁああああっ!」

一方実果は、ようやく待ち望んだ刺激に絶叫した。

それは快楽であり、しかし苦痛でもあった。足りないのだ。

舐められているときはまだマシという程度で、体からは全く痒みが消えていかない。

「もっと強くして、噛んでぇええ!!!!」

もはや実果は自分が何を言っているのは分かっていなかった。

荒城はそんな実果を見て満足げに、「では噛んでやろう」といい、股間に顔を埋めた。

性奴隷はクリトリスを甘噛みされてお漏らしする

荒城は、実果のクリトリスに噛み付いた。

「あぁああああああーーーーーーーっ!!!!!」

その瞬間、実果の股間からは小便が漏れ出すが、荒城はそれすらも美味しそうに舐めとった。

そして何度も何度もしつこくクリトリスを甘噛みしていく。

前歯を使って上下にしごいたり、吸い出してから噛み付いてやると、実果は全身を震わせて痙攣した。

こうした強い刺激があると、痒みが紛れるのだろう。

そして荒城は、実果の膣内とアナルにも舌を這わせる。ジュルジュルと音を立てながら山芋を吸い取りながら、内部を蹂躙していく。

その度実果は絶叫し、荒城は満足げなえみを浮かべるのだ……。

性奴隷はゴーヤで処女喪失する

數十分もすると、実果の全身はすっかり綺麗になっていた。膣内やアナルには若干ゴーヤが残っているが、痒みはかなりマシになっていた。

ハァハァと荒い息をしながら涙をこぼす性奴隷を姿をみて、荒城は「これはやはり買って正解だった」と笑みを深める。

そして、いよいよメインディッシュだ。

「実果、分かっているね……」

荒城はそういうと、床に落ちていたゴーヤを拾い上げる。拘束されているとはいえ、実果がかなり激しく暴れたため落ちてしまっていたのだ。

「はい……」

実果の表情に浮かんでいるのは諦めだ。

「この男には逆らっても無駄だ」と体感してしまったからだ。

荒城は、「最初だからサービスしてやろう」というと、ゴーヤに何かヌルヌルした液体を塗りたくっていく。それはハチミツだった。

そしてハチミツでテラテラと光るゴーヤを、実果の見るからに狭い膣穴へと押し当て……グッと先端を挿入した。

「あぁ゛……っ!」

実果は悶絶する。痛すぎて苦しすぎて呼吸ができない。体の内側から無理やり広げられて、骨盤すらも軋んでいる気がする

しかし荒城は手を止めず、グイグイとゴーヤを押し込んで行った。

ブチブチ、と音がしたような気がするが、定かではない。

実果はゴーヤが1/3ほど入ったところで、失神してしまったからだ。

荒城は「まだまだ調教が必要だな……」というと、失神した実果の膣穴からゴーヤを引き抜く。

そこにはハチミツと実果の処女喪失の血液が付いており、荒城はそれを美味しそうに舐めとったのだ……。

END

無料で調教体験してみる?→調教マニア