【強姦・陵辱】怪しげな男たちに口・膣・アナルを犯される美人三姉妹

性奴隷として鬼畜な男達に強制調教される美人三姉妹

このページは、性奴隷として売られた美人三姉妹が鬼畜な男達に陵辱されるSM小説の第1話です。

登場人物

北条麻里(22)……三姉妹の長女。おっとりしていて優しい性格。巨乳。
北条友里(20)……美人で真面目な次女。三姉妹の中では唯一の非処女。
北条紗里(18)……勝気でプライドが高い。ロリ顔で中学生に見られるのが悩みの末っ子。

あらすじ

北条麻里・友里・紗里の三姉妹は、『お嬢様』として何不自由なく暮らしていた。

しかしある日、両親が失踪。

三姉妹は自分たちが性奴隷として売られていたことを知る……。

検品される三姉妹

性奴隷契約書

「やめてっ!お姉様と妹を離しなさい!」

次女・友里は屈強な男に後ろから羽交い締めにされながらも、気丈に叫んでいた。

おっとりしている姉はまだこの状況が掴みきれていないようだし、普段は勝気な妹は怯えてされるがままだ。

突然三姉妹が暮らすマンションに押し入ってきた男達は、靴も脱がずに部屋の中を踏み荒らしている。

長女・麻里と三女・紗里はすでに猿轡をして縛り上げられ、荷物のように床に転がされていた。

紗里のスカートが捲れ上がって下着が見えてしまっているのを、男達が楽しそうに眺めているのが屈辱的だ。

友里は必死に抵抗するが、部屋に押し入ってきた男達は全員かなり体格が良く、後ろから押さえつけては全く歯が立たなかった。

「異性のいいお嬢ちゃんだ。それに、顔も体も悪くない……売っちまうのはもったいないくらいだぜ」

友里を羽交い締めにしながら、男は鼻息を荒くしてその胸元を覗き込む。

友里は怒りと羞恥で頬が熱くなるのを感じたが、今はそれどころではない。

男のセリフの中に聞き捨てならない言葉があったからだ。

「売っちまうって、どういうことなのよ!?」

友里が食ってかかると、男達の中のボス格の男が歩み寄ってきて、一枚の契約書のようなものを見せてきた。

それを見て、驚愕する。

そこに書かれていたのは、『性奴隷契約書』という言葉だった。

「お前らの両親は、借金の返済の代わりに娘たちを差し出した。お前らはこれから、どこかの国の鬼畜趣味な大金持ちに飼われて、一生性奴隷として暮らすって訳だ」

ボス格の男は薄笑いを浮かべていて、どこか楽しげですらある。

「大金持ちの中には、人には言えない特殊な性癖を持て余している奴らも大勢いる……。日本人は、そういう大金持ちに人気があるんだ」

しかし、そんな言葉で納得できる訳も無い。

「どうして私たちが……っ」

「さぁな。お前らの親も、一生借金地獄で逃げ回るより、お前らを売って余った金で自由に暮らしたいと思ったんじゃないか?」

そういうと、ボス格の男は友里にも猿轡を噛ませて手足を拘束してしまった。

身体検品

「さて……じゃあ、検品を始めるか」

ボス格の男がそういいながらソファに腰かけると、男達の空気が変わった。

『雄』の欲望がムッと膨れ上がったかのように、ギラついた目で三姉妹を睨め回す。

友里を押さえつけていた男も例外ではなく、その無骨な手でブラウスのボタンを外し始めた。

「んーっ!」

身をよじって抵抗するが、男はそれすらも楽しいとでも言うように、時折わざと大げさに身をすくめながらその作業を進めた。

「ほぉ……Dカップってとこか。ちょうど良い大きさだな」

男はそういうと、友里のブラジャーをずらし、ピンク色の乳首露出させた。

「んん……っ!」

友里は恥ずかしさと悔しさで涙目になりながら、その屈辱に耐え続ける。

「乳首もピンクで、乳輪も小さめ……これは万人受けする体だな」

男は友里の乳房を揉みしだきながら、乳首を親指でこねくり回す。

「んんっ!」

部屋の中では、麻里と紗里も同じように、男に服を脱がされ、身体を触られている。

(これが……性奴隷として売るための検品だっていうの……!?)

友里はこのおぞましい事態をなんとか打開できないかと必死に脳を回転させるが、縛られた上に男に押さえつけられていては、どうすることもできない。

そしていよいよ、男の手がスカートの中へと伸びてきた。

「んーっ!!!」

「はは、そう暴れるなって」

友里が喉奥から絞り出すような悲鳴を上げるのを気にもとめず。

男はその白い太ももを軽く撫でると、あっという間に純白の下着を下ろしてしまった。

友里の足首はロープで縛られているため、下着はそこまでしか下ろすことができない。

男は下着を引っ掛けたままの友里の両足を、赤ん坊のオムツを替えるように片手で軽々と持ち上げた。

「んんー!!!」

秘部が晒され、抵抗する友里を男はものともしない。

そして空いているもう片方の手で、割れ目を押し開いた。

処女検査

男は友里の割れ目に顔を寄せると、じっくりと観察していく。

「んーっ!!!!!!」

すん、と匂いを嗅がれて、友里は羞恥で頬を真っ赤に染めて抵抗した。

しかし、男の陵辱は止まらない。

「使い込んでいる形跡はなく綺麗……匂いも合格。性病はなさそうだな」

そう言うと、今度は割れ目をペロペロと舐め出したのだ。

「んんっ!!!」

クリトリスに舌が触れると、友里の身体がビクリと震えた。

男はそんな友里の反応を楽しみつつ、何度も何度も舌を這わせる。

「味もなかなかだ。……お、少し濡れて来たな」

その言葉の通り、友里の秘部は唾液だけではなく、愛液で滑ってきていた。

男はズズズッとわざと音を立てて、友里の秘部を吸う。

「嬲られて感じたのか?美少女のマン汁なんて、そう味わえるもんじゃねェ……」

そして男は一度顔を話すと、唾液でテラテラと光るそこに、今度は中指を挿入していく。

「んんーっ!」

猿轡の下で、友里は必死に「やめて」と叫ぶが、それが男に届くことはない。

狭い膣穴に、男の指が強制的にねじ込まれ……そして男の指が中程まで挿入されたとき。

「……ん?」

男はわずかに顔を顰めた。

そして、そのあたりで何度か指を回転させたり、壁に添わせて曲げ伸ばしを繰り返す。

「……お前、処女じゃないな?」

非処女の運命

男の言う通り、友里は処女ではなかった。

大学1年生の時に、ある事情で処女喪失していたのだ。

その時のことを思い出して友里は身を固くするが、男は特にそんな友里の様子を気には止めない。

「なるほどな……まぁ、これだけの美人なら無理はない」

そして、友里の膣内を指で探りながら、締まりや感度をチェックしていく。

「ヒダも多くて締まりも良い……こんな状況でも濡れているあたり、感度も最高だ。非処女とはいえモノは一級品……高く売れるだろう。アニキ、こいつ処女じゃないんで、好きにしていいですか?」

男は指を引き抜くと、部屋のソファに我が物顔で腰掛けているボス格の男にそう尋ねる。

「あぁ、好きにしろ。傷はつけるなよ」

ボス格の男がそう答えると、男はニヤリと笑った。

しかし逆に、麻里と紗里を同じように検品していたそれぞれの男達からはブーイングが上がる。

その2人は処女だったため、ボスの『お許し』が出なかったのだ。

「ハハハ、残念だったな。ま、お前らにもあとで回してやると。じゃあ、まずはもう少し濡らしてやるか……」

友里を検品していた男はそう言うと、絶妙なタッチでクリトリスを刺激し始める。

「んんっ!?」

男の責めは巧みで、友里はこんな状況にも関わらず、自らの身体がはっきりと快楽を得ていることに驚愕した。

(いや……っ!どうして……っ)

皮の上から弄ったり、時折皮を剥いて刺激したり。

激しく、優しく、しつこく、じっくりと焦らしながら、男は友里を感じさせていく。

ほどなくして、グチョグチョと部屋に卑猥な水音が響き始めた。

男は短時間で友里が感じるポイントを見抜き、的確に責めていたのだ。

「お嬢様の癖に、淫乱なマンコだなァ。男を求めてヒクヒクしてるぜ」

そして、秘部が愛液ですっかり潤ったことを確認すると、男は指を引き抜く。

ズポッという音と共に、透明な糸が引いた。

男はその指を舐めながら、ズボンから勃起したペニスを取り出し、友里の割れ目に押し当てる。

「んんーっ!!!」

何をされるかを察した友里はこれまで以上に激しく抵抗するが、手足を縛られていてはどうすることもできない。

そして男は暴れる友里を押さえつけ、その剛直を突き立てたのだ。

姉妹陵辱

アナルを犯される長女・麻里

友里が男に犯されている横で。

長女の麻里も別の男に陵辱されていた。

そしてその陵辱内容は、ある意味で友里よりも悲惨だった。

麻里は、アナルを犯されたのだ。

「はは、どうだ、処女なのにアナルを犯される気分は?」

麻里のアナルにペニスを突き立てている男が、乱暴に腰を打ちつけながら尋ねる。

「んん……っ!」

麻里も友里と同様に猿轡をされているため、その質問に答えることなどできない。

ただ、肛門が焼け付くように熱く、そこに異物を押し込まれている強烈な違和感に、身体中の細胞が全力で抵抗しているような嫌悪感を覚えていた。

最初に男が肛門にペニスを押し当ててきたときは、何かの冗談だと思った。

しかし抵抗する間もなく、強引にそこはこじ開けられてしまったのだ。

男はローションのようなものを使っているらしく、ペニスを出し入れするたびにグチョグチョと音がする。

ピリピリとした痛みが脳を焼くが、男の言葉を信じるのなら、どうやらそこは裂けてはいないらしい。

ちなみに、麻里は、土下座に近い体勢で犯されていた。

両手首を後ろ手に拘束されたままうつ伏せで床に転がされ、そこから尻を無理やり持ち上げられて四つん這いのような体勢にされたので、必然的にそうなってしまったのだ。

頭と膝で体重を支えながら、肛門で男を受け入れる。

男が腰を振るたび、床に頬が擦れるが、そんなことを気にする余裕はない。

とにかく、異物感が凄まじく、下から内臓をかき回されているような感覚に、頭の中はグチャグチャだった。

しかし麻里が少しでも尻を下げると、男は尻肉を叩いて尻を上げさせた。

男はグッと一気にペニスを挿入して、その何倍もの時間をかけてゆっくりをペニスを引き抜いていく。

それがまるで排便をしているかのような感覚になり、麻里は何度も、自分が本当に粗相をしてしまっているのではないかと錯覚し悲鳴をあげた。

しかしそれは出しても出しても終わらず、延々と繰り返される。

男は時折、麻里の背中にのしかかるようにしてのGカップの胸にも手を伸ばした。

「こんなにデカイ乳で、処女で、アナルが開通済みなんて……まるでAVのネタだな」

そんなことを言いながら、男は麻里の乳房を乱暴に揉みしだく。

「んん……っ!んぅ……っ!」

猿轡の下から苦しげな声が漏れるが、それも男を興奮させる材料でしかない。

「お嬢様のアナルは、なかなか具合がいいぜ……いっそ、俺が飼いたいくらいだ」

男はそんな言葉を漏らしながら、さらに激しく麻里のアナルを蹂躙していく。

麻里は、ただただこの時間が早く過ぎ去ることを祈るしかなかった。

イラマチオで犯される三女・紗里

姉二人が膣とアナルを犯されている同じ部屋で、三女の紗里は口を犯されていた。

処女のため膣に挿入することは許されず、アナルに挿入しようとしたものの狭くて無理だったのだ。

……というのも、紗里の口に押し込まれている男のペニスは、はっきり言って規格外の大きさだった。

太さはどう見ても5cm以上、長さも20cm近くある。

黒人でも、ここまでの大きさのペニスを持つものはそういないだろう。

紗里は小さな口にそれを押しこまれ、髪を乱暴に掴まれてイラマチオをされていた。

「ぐぇ……っ!うゴ……っ!」

まだ幼さを残した美少女の顔は、涙と涎でグチョグチョだ。

「お前、こうしてみると本当に中学生みたいだな……。本当に18かよ?」

男はそんなことを言いながら、紗里が苦しむ姿を楽しんでいる。

紗里は喉奥までペニスを押し込まれ、呼吸もままならなかった。

何度も何度も嘔吐いて吐きかけるけれど、それすらも許されぬまま口内を犯され続けているのだ。

(苦しい……っ)

しかしそんな風に激しく陵辱されながらも、心は折れていない。

紗里はキッと男を睨みつけた。

(私とお姉様達をこんな目に合わせて……絶対……許さない……っ!)

しかしそんな紗里の姿に男は加虐心をくすぐられ、ますます激しく腰を振るのだ。

しかも男は時折紗里の鼻を摘んで、さらに苦しみを与えてきた。

「んぐ……っ!グふ……っ!ガ……っ!」

呼吸ができず、意識が遠くなりかけて……しかし意識を失うギリギリのところで、ペニスを引き抜かれる。

「ゴホッ……っ!ガハ……っ!」

そして必死に呼吸を整えていると、休む間も無くまた巨根を押し込まれイラマチオを再開する。

「おいおい、顎が外れちまいそうだなァ」

紗里は完全に、男の玩具にされていた。

拘束輪姦される友里

姉と妹が、処女のまま変態的な凌辱を受けている。

最初は時折横目で2人を伺っては、なんとか逃げ出すチャンスを探していたのだが……

しかし、もはや友里には姉妹を心配する余裕も、逃げ出すことを考える余裕もなくなっていた。

友里の周りには、何人もの男達が集まっていたのだ。

非処女で、膣穴を好きに犯して良いと許可がでたのが友里だけだったからだ。

そこには、当初部屋の外で待機していた男達も混ざっている。

少なくとも5〜6人はいるようだが、ソファに上半身を乗せられバックスタイルで犯され続けている友里には、正確な人数を数えることはできない。

「んん……っ!」

しかし、これまでに何本のペニスが入ってきたのかくらいは分かる。

すでに友里は3人の男に犯され、膣内に射精されていた。

そして今まさに、4人目の男が友里の膣内に濃厚な精液を放ったところだった。

(嫌……妊娠しちゃう……っ!)

男がペニスを抜くと、膣穴からゴポリと精液が溢れ出した。

しかし呼吸を整える間もなく、再び次の男がペニスを挿入してくる。

しかも、今度のペニスは、それまでの男達のものとは違った。

(いや……何……っ!)

ゴリゴリと、膣壁をえぐられるような刺激があるのだ。

なんとか身をよじって見ると、それはずっとソファに腰掛けていたボス格の男だった。

「んん……っ!」

ペニスが押し込まれると、友里は猿轡の下で悲鳴を上げる。

「どうだ、こういうチンコは初めてか?」

ボス格の男はそう言いながら、グリグリと友里の膣内をえぐる。

ボス格の男のペニスには、パールが埋め込まれていた。

「んんっ!」

友里は身をのけぞらせて必死に逃れようとするが、ボス格の男はガッチリと腰を押さえつけそれを許さない。

そしてゆっくりとピストンをしながら、友里の反応を楽しむのだ。

「コイツに慣れたら、もう普通のチンコじゃ満足できなくなるぜ……オラ、グリグリされるとたまらないだろ?」

ボス格の男は、的確に女が感じるポイントを刺激してくる。

そして、身悶える友里に話しかけた。

「お前……確か、友里だったか。俺だって鬼じゃない。お前たちの返事次第では……大金持ちの変態に売り飛ばすのは、待ってやってもいいぜ」

その言葉に、友里はハッと顔を上げる。

散々男達に犯され絶望し諦めかけていた瞳に、再び希望が宿っていた。

しかしそれをあざ笑い打ち砕くかのように、ボス格の男が一層深く腰を打ち付ける。

「んんっ!」

「いい反応だ……この身体なら、ド変態の金持ちの使い捨て奴隷にする必要もない。どうだ?お前たち、俺のところで仕事をしないか?もちろん、性奴隷としてだが……見知らぬ大金持ちのところでボロボロにされるよりはマシだろう?」

この悪魔のような言葉に、友里は迷いながらも頷いたのだった……。

第2話へ続く→【監禁陵辱】次女が過去に処女喪失した理由は変態たちの玩具だったから

無料で調教体験してみる?→調教マニア

SM小説TOPへ戻る