悪魔の海賊船〜捕虜になったプリンセス〜【鬼畜拷問編】王女の意地

レイラは、海賊たちをキッと睨みつけると、震える声で、しかし勇ましく宣言した。

「私は、あなたたちのような野蛮人に決して屈したりはしないわ!」

その言葉に、海賊たちが馬鹿にしたような笑いを返す。

「世間知らずの王女様は、自分が置かれた状況が分かっていないらしい……。オイ、そんあ減らず口が叩けなくなるように調教してやろうぜ」

一人の海賊が、そんな言葉とともにレイラに馬乗りになってきた。それを合図に、他の男たちもレイラに群がり、手を伸ばす。

「くっ……!」

レイラは必死に身をよじって抵抗するが、一国の王女が、海の荒くれ者に力で敵うはずがない。男はレイラの豊満な乳房に手を伸ばし、両手で思い切り鷲掴みにした。

「やめなさい……!この変態……っ!」

レイラはあまりの出来事に愕然としながらも、毅然とした態度を崩さない。しかし男たちから見ると、この哀れな美少女は、もはや滑稽ですらあった。

顔に傷のある男が、レイラのスカートを捲り上げ、下着に手をかける。

「いやっ!」

レイラは足をバタつかせてるが、抵抗も虚しく、男は一気に、下着を膝のあたりまで引き降ろした。ビリビリと布が破ける音がしたので、下着か、あるいはスカートが裂けたのかもしれない。

「おぉ……これが王女のオマンコか……」

「スゲェ……」

レイラは、あまりの羞恥と屈辱、そしてこれから行われるであろう出来事にうち震えながらも、必死で気丈な態度を保とうとした。しかしどうしても、足が腕がガタガタと震えてしまう。

海賊たちはそんなレイラをますます追い詰めようと、性器を指で広げ、口々に卑猥な言葉を投げかけた。

「ひどい……このケダモノ……っ!」

「王女様、そんなこと言ってるとますますひどい目にあうぜ?いい加減態度を改めたらどうだ?」

大柄な男がそういったとき、どこかで、「ドーン」という大砲の音がした。

「なんだ!?」

「追手か!?」

海賊たちは甲板のあちこちに散り、状況を把握しようとする。

レイラはその一瞬の隙をついて体を起こし、走り出した。そして……

⑴ 船室の1つに隠れた。
⑵ 地下への階段を降りた。