新人アルバイト強制SM調教日記【強制調教編】潮吹きと処女喪失

「だいぶ解れたみたいだな……」

黒髪の男と交代すると、金髪の男は満里奈をソファに座らせた。ただし、足は大きくM字に開かせている。その足を、ソファの後ろからさきほどの大柄な男が押さえ込んでいる。つまり里奈は幼児がおしっこをするときのような格好で拘束されているのだ。

金髪の男は、満里奈の割れ目に指を這わせると、中指をゆっくりと挿入してきた。

「あ……あぁ……っ!」

満里奈はその異物感に悲鳴をあげるが、そこは先ほどの愛撫で、まだ濡れそぼっており、金髪の男の指の侵入を易々と受け入れた。男はしばらく指の出し入れを繰り返した後、円を描くかのように指を膣壁に擦り付けはじめた。

「指すらもあんまり入れた事ないんじゃ、この場所のことも知らないだろ?」

「は……んっ!うんっ!」

満里奈の体に、快感が走った。金髪の男は、Gスポットを刺激したのだ。

処女の満里奈のその場所はまだまだ開発されていないが、金髪の男はテクニシャンだった。親指でクリトリスを刺激しながら、中指を折り曲げザラザラとした場所を擦ってゆく。

「ひぃ……っ!うぁ……んっ!いやぁ……」

満里奈は、確実に感じ始めていた。それを知ってか知らずか、男は指の動きをどんどん激しくしてゆく。満里奈の秘部からは、すでに愛液が溢れ出しており、グチャグチャと水音をたてていた。

「あぁ……っ!だめっ!だめぇ……っ!!!」

男は少しずつ、満里奈を追いつめてゆく。そして、満里奈が絶頂に達したとき……

ピュ、ピュ、と満里奈の股間から、透明な液体が噴出された。

金髪の男は、手にかかったその液体を、満里奈の頬にこすりつける。

「この女、処女の癖に潮吹きやがった……」

男は一気に自らのズボンを脱ぎ捨て、はち切れんばかりに勃起した肉棒を、放心する満里奈に見せつける。

「もっと気持ちよくしてやるよ」

そういうと、男は満里奈の割れ目に肉棒をあてがい、一気に貫いた。

「あぁあああああああ!!!!」

破瓜の痛みに満里奈は我に返り、抵抗する。しかし、すでに秘部には既に金髪の男の肉棒が深々と突き刺さっており、抽出を繰り返している。

「いやぁああああ!抜いてぇえええ!!!!」

その言葉に、金髪の男がニヤニヤしながら答える。

「あぁ、心配しなくても、抜いてやるよ。お前の中で、たっぷりと……な!」

その言葉とともに、肉棒が膨張し、満里奈は膣内に熱い液体が放出されたのを感じた。

「いやぁああああああ!!!!!」

絶叫する満里奈の膣から、男の肉棒がズルリと引き抜かれる。そこからは、破瓜の証である鮮血と、精液が混ざったピンク色の液体が流れ出した。

「さぁ、夜はまだまだこれからだぜ、楽しませてくれよ」

これが、満里奈の調教生活の始まりだった……。

小説TOPへ戻る