タバコを吸っていた男。DQNが処女の乳首とクリトリスを洗濯バサミ責め

この記事は、SM小説『JDアルバイト店員強制調教日記』の第4話です。

内容紹介→→→処女JD強制調教日記

第1話→→→運命の分かれ道!選んだバイトが性奴隷生活の始まりになるなんて……

第2話→→→⑶一晩で50万円の怪しいバイト!まさか鬼畜集団に調教されるなんて……鬼畜調教ルート

第3話→→→⑴奥の部屋に移動しよう。君の恥ずかしい姿を全世界へ配信するんだ……


満里奈にのしかかってきたのは、先ほどタバコを吸っていた、茶髪の男だった。男は満里奈の上に馬乗りになると、乱暴に洋服を脱がせてきた。

「いやぁあああ!!!!」

満里奈は必死に抵抗するが、先ほど満里奈を放り投げた大柄な男も一緒になって満里奈を押さえつけているため、全く抵抗できない。

他の3人……金髪の男と、黒髪の男は机を挟んで反対側のソファに腰掛け、その光景を笑って眺めている。

「処女を強姦なんて、最高だぜ」

タバコの男はそう言いながら満里奈をニタニタと視姦し、服に手をかける。

上着を脱がされ、スカートをはぎ取られ、ブラジャーと下着もあっという間にむしり取られてしまい、満里奈は必死に腕で体を隠そうとするが、大柄な男に後ろから羽交い締めにされて、それも敵わない。

「いやぁあああ!」見ないでぇ!!!

すると、タバコの男は、いきなり満里奈の乳首に歯をたててきた。

「ひっ!!!い、いやぁあ!」

泣き叫ぶ満里奈を気にも留めず、男は片方の乳首を歯で乱暴に愛撫し、もう片方の乳首には軽く爪をたてながら刺激する。

「い、痛いぃ!うん……っ!!!あぁっ!!!」

そして満里奈の乳首がある程度勃起してくると、男はポケットからあるものを取り出し、満里奈の乳首に取り付けた。

「あぁああああああ!!!!」

それは、洗濯バサミだった。

突然両乳首を襲った激痛にのけぞりながら、満里奈は必死に抵抗する。

すると、男がその洗濯バサミを引っ張ってきた。

「いやぁああああああ!!!!!」

「痛くないと感じられない肉奴隷に調教してやるよ」

そう言うと、タバコの男は満里奈の下半身にも手を伸ばす。

「いや!!いやぁあ!」

身動きできない満里奈の割れ目に、タバコの男の指があてがわれた。そして、乱暴に割れ目を開いてゆく。

「ほら、ここにも」

そういって、茶髪の男は、満里奈のクリトリスにも洗濯バサミを取り付けた。

「ああぁっっぁあああああああああ!!!」

あまりの激痛に絶叫する満里奈に、男たちから歓声があがった。

満里奈は突然クリトリスに走った衝撃に涙を流し、「外して」と男に懇願するが、男はクリトリスの洗濯バサミをピン、と指で弾くと、ポケットからさらに大量の洗濯バサミを取り出した。

「ひ……っ!!!」

恐怖に身を固くする満里奈をあざ笑うかのように、男はそれを手に持ち、わざとゆっくりと満里奈の肌を這わせる。そして、乳首を挟んでいる洗濯バサミのすぐ隣に、取り付けた。

「うぅっ!!あぁあ……っ!!!」

あまりの痛みに、満里奈の目からは自然と涙がこぼれ落ちる。

男はその後も、乳房や太ももはもちろん、大陰唇や、唇、舌にまで取り付けた。

その時……

⑴「交代だ」と黒髪の男が立ち上がり、精神的に追い詰め辱める
⑵海堂から電マが手渡された。処女を鬼畜調教するにはコレでしょう

無料で調教体験してみる?→調教マニア

SM小説TOPへ戻る