新人アルバイト強制SM調教日記【強制調教編】アナルプラグと処女喪失

満里奈のおなかは、すでにゴロゴロと音を立てて、便意を伝えている。満里奈が知る由はなかったが、グリセリンと牛乳を混ぜ合わせた液体を500mlも注入されたのだから、当然だ。

「あ……っ!やめて……っ!」

満里奈の膣に、何やらヌルヌルとしたものが塗り付けられ、固く、イボイボしたものが擦り付けられる。それは時折クリトリスをこすりあげ、満里奈は悲鳴をあげた。

「いやぁっ!……でちゃう……!お願い、トイレに……」

そして、満里奈が最後まで言い終わらないうちに、それが満里奈の膣内に侵入してきた。

「あぁあああああ!!!!」

それは、ギリギリと満里奈の膣壁を広げ、まるで内壁をえぐるかのように、侵入してくる。その痛みに、満里奈は絶叫するが、侵入は止まらない。

「……よし、女になった気分はどうだ?」

その言葉と共に、満里奈のアイマスクが外された。目の前には、いつの間に用意されたのか、大きな鏡があり、そこには全裸で拘束された満里奈と、その尻に下半身を密着させる男の姿があった。

「いやぁああああああああ!!!!!」

まさか、とは思っていたが、その光景と、体内を蹂躙する浣腸液と男の肉棒に、満里奈の目から自然と涙がこぼれる。しかしその時、おなかがゴロリとなり、満里奈は青ざめた。こちらの方も、もう限界が近かった。

「あ……あぅ……っ!お願い……トイレ……っ!もれちゃう……」

すると、男が満里奈の肛門に触れた。

「あぁっ!」

「なんだ、もうもれそうなのか?だらしない肛門だな……よし、フタしといてやるよ」

そういうと、男は満里奈の肛門に、何かを差し込んだ。

「ひっ!?」

それは、アナルプラグだった。

エイナスコレクション バトン

大きさはさほどでもないが、膣には男の物が入っているため、その圧迫感がすごい。男はプラグを押さえつけたまま、ピストン運動を始めた。

男がわずかに動く度、満里奈はゴリゴリと内蔵をえぐりとられるような感覚を味わう。

(うぅ……っ!男の人って……みんなこうなの?)

すると、満里奈の目の前に小さなモニターが置かれる。それはどうやら、会場で流されている映像のようだった。

「みせてやるよ、お前の中に入ってるヤツを」

そういうと画面が反転し、満里奈の尻が映し出される。そこに映し出された光景に、満里奈は息を飲んだ。

満里奈の尻に突き刺さっている、愛液と、破瓜の鮮血にまみれてヌラヌラと光る肉棒。それは、無数の突起で覆われていた。

「ひっ!!」

そのグロテスクな形状に、満里奈は悲鳴を上げる。

「パール入りってヤツだよ。最初は痛いだろうが、すぐ病み付きになる……。これじゃなきゃイケない体に、調教してやるよ!」

その言葉と共に、男は激しく動き始めた。

「い、いやぁ!痛い……っ!助けて……」

直腸は浣腸液で犯され、膣内はイボ入りペニスで犯される。そしてその光景をカメラで撮影されるという3重苦に、満里奈はただただ耐えることしかできない。

そして、あまりの苦しさに、意識が朦朧としてきたころ、膣内で何か熱い液体が放出されたのを感じた。

「あぁ……っ!」

そして、膣壁がめくり上げられるかのような感覚と共に、ズルリとペニスが引き抜かれる。

「よし、ぶちまけな」

その言葉と共に、肛門からもプラグが引き抜かれた。

「ひぃ……っ!あぁ……あぁああああ!」

浣腸を注入されてから、実に15分以上もの時間、挿入され、膣内を蹂躙され続けていたのだ。やっと解放された満里奈の肛門を、押しとどめる事は不可能だった。

「いやぁ……っ!!!見ないでぇぇぇ!!!!」

凄まじい音とともに、排泄物が噴射される。まずは大量のこんにゃく、そして牛乳と、便。それらがすべて出ると、男は満里奈の尻をタオルで乱暴にふき、呆然とする満里奈に再び肛門に浣腸のノズルを突き立てた。

「ひっ……!」

「さぁ、まだまだ、たっぷり注ぎ込んでやるぜ」

「いやぁあああ!!!!」

これが、満里奈の調教生活の始まりだった……。

小説TOPへ戻る