【浣腸・玉こんにゃく】アナル陵辱された長女は白目を剥いて失神

性奴隷として鬼畜な男達に強制調教される美人三姉妹

このページは、性奴隷として売られた美人三姉妹が鬼畜な男達に陵辱されるSM小説の第4話《麻里編》です。

登場人物

北条麻里(22)……三姉妹の長女。おっとりしていて優しい性格。巨乳。
北条友里(20)……美人で真面目な次女。三姉妹の中では唯一の非処女。
北条紗里(18)……勝気でプライドが高い。ロリ顔で中学生に見られるのが悩みの末っ子。

あらすじ

北条麻里・友里・紗里の三姉妹は、『お嬢様』として何不自由なく暮らしていた。

しかしある日、両親が失踪。

貯金を崩しながらなんとかやっていた三姉妹の元へ、ある日突然怪しげな黒服の男たちが家にやってくる……。

散々陵辱された三姉妹は、ボス格の男にある取引を持ちかけられて……!?

一晩で50万円稼げるという怪しげなショーに出演することになった麻里。

ステージ上で首を絞められ、電マでクリトリスを責められて、朦朧とした意識のまま、次の陵辱を受けることとなる……

強制浣腸

蘇る悪夢

電マで何度も強制的に絶頂させられ、麻里は心も体も疲弊し切っていた。

今、麻里はステージの床に全裸でグッタリと横たわっている。

拘束は全て解かれているが、起き上がる気力がないのだ。

東堂はそんな麻里の両手を再び後ろ手に拘束し、うつ伏せにする。

「いや……もう許して……」

そんな麻里の言葉が通用するはずもなく。

東堂は麻里の尻を高く上げさせると、グッと尻肉を割り開いた。

「あぁ……」

その体勢は、麻里に数日前の恥辱を思い起こさせた。

数日前、似たような体勢で麻里は突然押し入って来た男たちにアナルを犯されたのだ。

その時と全く同じ、頭を床につけた四つん這いの体勢で、男に……いや、会場中の客たちに肛門や割れ目を視姦されている。

(嫌……また酷い目に合わされるの……?)

しかし、その麻里の予想はある意味で裏切られることとなる。

東堂は、麻里の肛門を指でしばらく弄んだ後。

そこに500ml入りの浣腸器を突き立てたのだ。

グリセリン

「は……っ!い、ダメ……っ!」

突然体内に液体が入り込んできて、麻里は激しく身悶えた。

しかし東堂に押さえつけられていて、どうすることもできない。

「あぁっ……いやぁ……っ!」

必死に抵抗するも。

肛門にねじ込まれた浣腸器は、その中身を全て麻里の体内へ移し終えていた。

麻里はすぐに、お腹がゴロリと音を立てたのを感じる。

「みなさん、ご覧ください。先日男の肉棒を咥えこんだこの令嬢のアナルは、今度は500mlものグリセリンを飲み込んでいます」

麻里普段から比較的快便なため、浣腸をした経験などなかった。

生まれて始めて味わう浣腸に、麻里は脂汗を流して必死に耐え続ける。

「なかなか頑張りますね……では、もう一本行きましょうか」

そういうと、東堂は再び麻里のアナルに浣腸器を突き立てた。

「ひぃ……っ!あ……っ!あぁっ無理……」

まるで液体が体内を逆流してくるかのような感覚に、麻里は身悶える。

強烈な便意に加えて、吐き気すらも感じていた。

しかし東堂は、容赦無くさらに500mlもの液体を注入する。

「あ……あぁっ」

麻里は必死に逃れようとするが、しかしどうすることもできない。

そして東堂が浣腸器を引き抜いた時。

ブシャアァァ!とう音とともに、麻里は盛大に浣腸液をぶちまけたのだった。

異物挿入

アナルビーズ

「もうやめて」とすすり泣く麻里に、東堂は3度も浣腸を繰り返した。

最初のうちは便も混じっていたものの、最後には注入した浣腸液がそのまま吐き出されるだけになった。

麻里がぶちまけた排泄物は、すぐに係員によって清掃される。

ステージにはいくつもの排水溝があり、こうしたプレイにも対応できるようになっているのだ。

そして、東堂は麻里の目の前に『ある道具』をチラつかせる。

それはアナルビーズだった。

小さなものは1cm。大きなもので3cm前後。

徐々に大きくなる球体が8つ連なったそれを、東堂は麻里のアナルに押し当てる。

「いやぁあ……っ」

弱々しく抵抗する麻里だが、ローションを塗りたくられたアナルビーズは、すんなりとアナルへと飲み込まれていった。

「あぁっ……っ」

深く入り込むほどに、麻里は数日前の陵辱劇を思い出す。

あの時はいきなりペニスを挿入されたが、今回は散々浣腸をされているためか、あまり痛みはなかった。

それどころか、何度も出し入れされると、少しずつ甘い疼きのようなものを感じ始める。

「ん……っ、うぁ……」

「どうやら麻里は、処女の癖にアナルで感じる変態のようですね。どうです、観客の皆様。北条家の令嬢がすすり泣く姿を、もっと見たくないですか?」

その言葉に、会場からは拍手が起きる。

玉こんにゃく

ゴトリ、と顔の横に置かれたものを見て、麻里は青ざめた。

透明な洗面器の中には、20個ほどの玉こんにゃくが入っていたのだ。

東堂はその中の1つを手に取ると、麻里のアナルに押し当てる。

「いやっ!やめて……っ」

そしてゆっくりと、それを押し込み始めた。

アナルはそれに合わせて広がり、難なく1つ目の玉こんにゃくを飲み込んでしまう。

「あぁ……っ」

東堂はそれを指でしっかり奥まで押し込むと、指を捻ってアナルを刺激しながら、ゆっくりと引き抜いた。

2つ、3つと同じ責めを繰り返す。

10個を超えたあたりで、麻里の悲鳴が絶叫に変わった。

「やめて!!もう無理……っ!」

しかしそれを無視して、東堂はさらに11個目の玉こんにゃくを押し込む。

ハァ、ハァと洗い呼吸を繰り返す麻里は、体内に異物を詰め込まれる感覚に、まるで自分が風船か何かになったかのような錯覚を覚えた。

強制的に異物を詰め込まれ、広げられていく。

「さて、ではそろそろ排出してもらいましょうか」

13個目の玉こんにゃくを入れ終えた東堂はそういうと、麻里の尻をピシャリと叩いた。

「ひゃぁっ!」

するとその衝撃で、出口付近にあった玉こんにゃくが3つほど飛び出した。

「いや……っ!見ないで……」

そして勢いよく、さらに4つほどが排出される。

しかし中にはまだ、玉こんにゃくが残されているはずだ。

「自分で出さないなら、浣腸で出しましょうか」

東堂のその言葉を聞いて、麻里は必死にアナルに力を込める。

それによって、2つは出たものの残りが出ない。

「これは、奥まで入り込んでしまったようですね。では、浣腸で手伝って差し上げましょう」

強制排泄

「いやぁっ!もう嫌ぁあああっ!!

麻里は髪を振り乱して、床を這って逃げようとする。

両手を拘束されている上にずっと四つん這いで押さえつけられていたされていたため、上手く立ち上がれないからだ。

が、当然のごとく簡単に押さえ込まれてしまう。

東堂は暴れる麻里のアナルに再び浣腸液を注入すると、あろうことかそこにさらに玉こんにゃくを詰め込み始めた。

「あぁっ!ダメぇエエっ!」

5個、6個……合計10個の玉こんにゃくを詰め終えると、指でアナルを塞いでしまう。

「ハハ、ご覧くださいみなさん。麻里は玉こんにゃくが随分気に入ったようですよ」

そしてそのまま、散々電マで責められ敏感になったクリトリスを指で嬲り始めた。

「いやぁあ゛っ!」

麻里はビクビクと打ち上げられた魚のように跳ねるが、東堂から逃れることはできない。

そしてねちっこくクリトリスを責められた麻里が絶頂すると同時に。

東堂はアナルを抑える指を離したのだ。

「あぁあああ……っ」

浣腸液と共に、ボト、ボトと麻里のアナルから玉こんにゃくが溢れ出る。

そして最後の1個を吐き出したとき。

麻里はガックリと床に崩れ落ち、箍が外れたように号泣し始めた。

第5話へ続く→【トゲバイブ・蝋燭】虐め抜かれた長女は本当の自分を曝け出す

無料で調教体験してみる?→調教マニア

SM小説TOPへ戻る