新人アルバイト強制SM調教日記【変態調教編】強制ローター挿入

高柳が取り出したのは、5cmほどの何やらピンク色の楕円形の物体だった。先端にはストラップが付いていて、何かのカプセルのようにも見える。

~Love&Leaf~ nemo Pink
→DMMでリモコンローターをチェックする

高柳はわざわざ満里奈の前に回り込むと、それを見せつけるように満里奈の眼前で揺らす。しかし満里奈はそれがなんだか分からず、ただただ身を固くするばかりだ。ただ、嗜虐的な笑みを浮かべる高柳の表情から、それが自分にとってよくないものだと直感した。

「あれ、もしかしてこーゆうの、見るの初めて?ローターって言うんだよ」

そう言いながら、怯える満里奈の前でカチカチとスイッチを入れたり切ったりして、ローターを震わせて見せる。

「可愛くてエッチな顔してるくせに、本当に何も知らないんだ。調教しがいがありそう」

高柳の不穏な言葉に不安はますます膨らんでいく。満里奈はこの絶望的な状況の中でひたすらこの状況から逃げ出すことを考えていた。しかし、逃げ出したところで携帯番号や住所も知られているのだし、お金を盗んだという疑いをかけられている以上、それは得策ではないようにも感じられる。

(でも、それでもこんな恥ずかしい目にあうよりマシ……!)

そんな風に考えるものの、しかし手を縛られているため起き上がろうとしてもなかなかうまくいかない。そんな満里奈の心境を知ってか知らずか、高柳は満里奈の後ろ側に周り、抱き込むように背をグッと押さえつける。

そして怯える満里奈を捕食者のような目で見つめながら、ピンク色のローターを満里奈の背に這わせた。冷たく、意外と重みのあるそれは満里奈に強い恐怖心を与えた。高柳が視界に入らないため、何をされるか分からないという不安もある。

高柳はひとしきり満里奈を怯えさせ、愉しみながらローターをお尻の方へと下ろして行く。尻肉を割り開き、肛門を視姦しながら、そっと満里奈の割れ目にローターを這わせた。

「いやぁっ!」

満里奈はその硬い感触に背筋を凍らせた。無機質なそれが押し当てられると、指で陵辱されていたときとはまた違う不快感がせりあがってくる。

「たっぷり濡らさないとね……」

高柳はそんな満里奈の様子に笑みを浮かべ、何度もローターを割れ目に這わせ、愛液をまとわせる。しかも時折クリトリスや肛門をかすれさせるのも忘れない。満里奈は体を震わせた。

「あ……いや……」

ローターが往復するたび、恐怖を感じる。

(怖い……なにされるの?)

もしかしたらこのままローターを挿入されてしまうのかもしれない。処女の満里奈にとって、それは恐怖でしかなかった。

その時、突然高柳の指先が肛門に入り込むのを感じ、満里奈は青ざめた。そんなところを暴かれるなど想像もしていなかったのだ。

「いやぁ!!やめて!そんなところ……!」

「何言ってるんだい、無実を証明したければこっちの穴もしっかり調べないと」

満里奈は半狂乱になり必死に身をよじるが、男にのしかかられているので、その拘束から逃れることはできない。

実際には高柳は中指の第一関節ほどまでを押し込み、軽く指を動かしている程度に過ぎなかったが、満里奈にはまるでお腹の中を太い棒で男にかき回されているように感じられた。

「こっちは奥まできちんと調べないといけないからなァ……」

満里奈は髪を振り乱して抵抗するが、抵抗したり声をあげる度に高柳が「おとなしくしていないと、お仕置きすると」とローターでクリトリス責めるので、最後には満里奈は床にじっと伏せて喉奥で声を押し殺すことに意識を集中するしかなかった。

ちなみに、高柳はまだローターのスイッチを切ったままだ。怯える満里奈の様子をみて、スイッチを切ったままでも充分に陵辱できそうだと判断したからだ。

高柳は10分以上もかけて、ゆっくりとアナルをほぐしていく。少し指を押し込んでは抜いて、クリトリスをクリクリと刺激する。肛門の違和感は強いが、クリトリスでは確実に快楽を拾っている。

こうして交互に陵辱することで、徐々に肛門でも快楽を感じるように調教していくのだ。

満里奈本人は無自覚かもしれないが、確実に当初よりも肛門を刺激したときの反応がよくなってきていた。少しずつ感じ亜始めているのだ。その証拠に、満里奈の太ももは割れ目から垂れた愛液でベトベトで、床には水たまりができていた。

(初めてでこれとは……この子、マゾの素質があるのかもしれないな)

高柳はそんなことを考えながら、中指と人差し指の2本の指を肛門に押し当てた。

「いや……やめて……」

これまで以上の圧迫感に、満里奈は苦しげに喘ぐ。しかし当然、高柳は手を緩めはしない。そしてさらに10分以上も陵辱されたあと、突然指が引き抜かれた。

(やっと終わった……)

しかしそんな満里奈の希望は一瞬で打ち砕かれる。肛門に硬い感触を感じたのだ。それはさきほどから使われているピンクローターだった。

満里奈は「まさか」という思いで身をよじる。しかしグッと腰を抑えられ尻を広げられ、抵抗することもままならない。そんな光景を愉しげに見下ろしながら、高柳はローターを満里奈の肛門に押し込んだ。

「いやぁぁぁ!痛い!……気持ちわるい……っ!やめて……っお願い……!!」

満里奈は絶叫しながら抵抗するが、高柳は気にも止めずに、グイグイとローターを奥へと押し込んでゆく。事前に愛液をたっぷりまとわせていたそれは、本来は簡単に押し込むことができたのだが、羞恥心を煽るためにわざと少しずつ満里奈の体内に埋め込んでいるのだ。

「ホラ、大声出しちゃだめ。こんな姿、見られたくないでしょ?」

「……っ!」

確かに、こんな恥ずかしい姿を人に見られたら、生きていけない。

「ほら、全部入った」

高柳の言葉の通り、ローターは満里奈のアナルにすっかり飲み込まれていた。小さな蕾からはまるで尻尾のようにピンク色のストラップが伸びている。

純粋無垢な少女の肛門から異物がはみ出ているその光景は倒錯的で、高柳にゾクリとした快感を与えた。すぐにでも突っ込んで心ゆくまで犯したい……そんな衝動を押さえ込み、しかしその嗜虐心のままに指でさらに奥の方へとグッとローターを押し込んだ。

「あぁ…」

本来なら排泄に使う場所に、外から異物を押し込まれている違和感。そして今日初めてあった異性にそんなことをされているという非現実感。全てがまるで夢の中の出来事のようだ。

しかしそんな満里奈を現実に引き戻すかのように、高柳が背後から抱きしめるようにして、胸を揉んできた。

乳首をこねられ、ジーンとした快楽が脳天を抜ける。しかしそれよりもアナルの異物感が凄まじく、満里奈はその不快感からモゾモゾとお尻を動かした。密着している高柳にも、その動きは当然伝わる。

「あれ、満里奈ちゃん、そんなにお尻ふって、誘ってるの?本当にいやらしいんだね」

そういいながら、高柳は満里奈の肛門から尻尾のように足れた、ローターの紐を少し強めに引いた。

「あぁ……!」

抜けることこそなかったが、ピンク色のローターが満里奈の肛門から僅かに顔を覗かせる。高柳は、それを再び、わざとゆっくりと指で押し込んだ。

「う……うぅ……」

(いや……お尻が……)

まるで排泄をするような感覚に、体が震える。中に入っているのはローターのはずなのだが、まるで高柳の前で漏らしてしまうかのように感じて、満里奈は反射的に肛門を締めようとした。

しかしそんな努力をあざ笑うかのように、高柳はローターを引っ張ったり入れたりを繰り返す。

この異様なシチュエーションは、満里奈から冷静な思考能力を奪いつつあった。

そしてしばらくして、これまで以上にローターを奥へと押し込むと、ようやく満足したのか高柳は満里奈から体を離した。

そして両腕の拘束を解くと、陵辱のショックでぐったりとしている満里奈に手早く服を着せていく。

ただし、ブラジャーと下着は脱がせたままだ。そして高柳は満足気に満里奈の耳元で囁いた。

「じゃあ、しばらくこのままで働いてもらおうかな……」

その信じられない言葉は、まるで死刑判決のように満里奈には感じられた。驚いて目を見開く満里奈に高柳はさらに追い討ちをかける。

「完全に無罪だって証明されるまで、これは預かっておくよ」

そう言ってニッコリと微笑むと、高柳は下着を事務所の引き出しにしまい、鍵をかけてしまった。そして半ば強引に満里奈の腕を引いて立ち上がらせる。

「ちょうど休憩時間も終わりだね……スカートの長さがギリギリだから、みんなにバレちゃわないように気をつけてね。変態だってバレてもいいなら別だけど」

高柳のその言葉の通り、アナルから伸びたローターの紐はスカートで隠れるギリギリの長さだった。ちょっと体勢を変えれば見えてしまう。かといって、紐が見えないようにしたければ、ローターをさらに奥に押し込むしかない。

それ以前にこの短いスカートで下着を履かずに過ごすというのは、満里奈にとっては拷問のようだった。

(もう、いっそ盗んだと言ってしまおうか……)

一瞬そんなことを考えるが、そんなことをしたら警察に突き出されるかもしれない。そうしたら両親や学校にも連絡が行くかもしれないし、この男にもっとひどい目に合わされる可能性だってある。

満里奈は震える声で、ひらすら高柳に許しを請いた。

「高柳さん……お願いします、もう……やめてください……」

満里奈が懇願するが、高柳は冷酷な笑みを浮かべて見下ろすだけだ。

「ここでやめたら、困るのは満里奈ちゃんだよ。ちゃんと無実を証明しないと」

そう言われ、高柳に促されるままに事務所から出た。このあとの勤務をこの状態で乗り切れば、高柳は満里奈が無実だと信じてくれるのだろうか?

散々辱められ、さらに今度は人前に出ろと言われているのに、満里奈はどうしても強く拒絶することができなかった。それは「お金を盗んだ」と疑われている負い目もあったが、そもそもの満里奈の性格もある。どうしても周りに遠慮してしまい、自分の意見を強くいうことができないのだ。高柳はすでにそんな満里奈の性格を見抜いていた。

(バイトが終わるまであと2時間……あとそれだけ我慢すれば終わる……。そうしたら、このバイトは辞めて、新しいバイトを探そう……)

満里奈はそんなことを考えながら歩くが、足を踏み出すたびに、アナルにローターが入っていることを強く意識させられる。

(うぅ……気持ち悪い…っ)

高柳はそんな満里奈を見てほくそ笑むと、次の仕事の指示を出した。

⑴ まだ客が残っているフロアの片付け
⑵ 会社が帰りの人が数多くいる店外の掃除