AV監督:時任源十郎の調教日記【優子(23歳)】〜給食の時間〜

俺たちが戻って来ると、優子はすがりつくような、ホッとしたような表情を浮かべた。

「充分反省したようだな。ご褒美に、今から全員で可愛がってやる」

そう言いながら優子の拘束を解き、膣内に挿入していた小型電マを抜いてやる。ズルリと抜けたそれから、愛液が糸を引いた。
この状態で1時間以上放置されていたのだから、グッタリするのも当然だろう。しかし、これで終わりではない。むしろここからが本番だ。

俺は優子の体に素早くロープを回して行く。

「え……?何??」

慌てる優子の両腕も後ろでに拘束し、天井の梁を通す。そして腰の辺りで結び目を作り、一気に縄を引く。

「きゃっ!」

優子は尻を突き出すような形になった。つま先がギリギリつくくらいの長さで調整してあるので、かなりバランスが悪いはずだ。

そしてこれからも陵辱が続くということを予感したのか、優子は俺に必死に訴える。

「いやよ!もう……こんなにされるなんて聞いてない……!ただの学園もののAVだって……」

「何言ってるの、優子ちゃん。途中でやめることはできないって、契約書だって書いたでしょ。これがうちのメーカーの『普通』なんだよ」

そういうと優子は目を見開き、青ざめた。

「さぁ、ちゃんと演技してね。違約金なんて払いたくないでしょ?」

そう言ってパシ、とお尻を叩くと、優子の白い尻に赤く手形が残った。俺はカメラマンに合図をして、再びカメラを回させる。

「さぁ、お昼ご飯を食べられなかった優子に、栄養のあるドリンクをたっぷり注入してあげよう」

俺はそういうと、ズボンからペニスを取り出し、優子の白い尻に擦りつける。

「いやぁ……っ!こんなの……っ!」

半泣きて抵抗する優子の割れ目は言葉とは裏腹にドロドロに濡れて、男の侵入を待ちわびていた。
わざと焦らすように入り口をなぞると、悩ましげに腰を揺らす。そしてその動きに連動して繰り出された巨乳が揺れるのがエロい。赤井の案を採用して正解だったようだ。

「さぁ、給食の時間だよ」

そういうと、俺はギンギンにボッキしたペニスを、優子の体内に挿入した。

「あぁ!いやぁああ!」

熱い粘膜が絡みつき、ペニスを包み込む。遊んでいるように見えたが、意外と男経験は少ないのかもしれない。優子の中は狭く、固かった。
優子は黙ってすすり泣いていたが、円を描くように腰をこすりつけると、蚊の泣くような声を上げる。先ほどまで小型電マで何度もイカされたからだろう、腰や膝はガクガクと震えている。

一度腰を大きく引いて、ゆっくりと打ち付ける。ペニスの先が子宮に当たったと同時に、優子の白い尻がぷるんと揺れた。

「優等生の優子は、エッチの方も優等生だな」

俺はそう言いながら、先ほどのように優子の尻をペシペシと叩く。赤い手形が増えるにつれ、優子の嬌声は大きくなった。
そこには、確かに喜びが滲んでいる。

「ほら、優子。自分でおねだりしてみろ。『もっと激しく突いて、グチャグチャにしてください』って」

「あ……ん……、も、もっと、激しく突いて……あぁ!」

子宮に押し付けるようにグイグイと最奥を刺激すると、優子がのけぞるのがなかなかエロかったので、俺はなんどもその責め方で優子を追い詰めた。

「ほら、早く言わないとまた、放置するぞ」

「うぅ……いやぁ……!もっと、突いて……グチャグチャにしてください……っ」

涙目で懇願する優子の中で俺が精を放ったのと、優子が何度目かの絶頂を迎えたのはほとんど同時だった。

「あ……あ、ひどい、中に出すなんて……」

優子は絶頂の余韻でピクピクと痙攣しながらも、中だしされたショックで呆然としていうる。しかし最後まで言い終わる前に、今後は赤いが優子のドロドロの割れ目にペニスをあてがった。

自称していた割に長さはそれほどでもないが、確かに太さはある。

「まだまだ、こんなもんじゃ足りないでしょ、エッチな優子ちゃん」

そういうと、赤いは一気に腰を推し進めた。先ほどまでの俺のペニスに馴染んでいた優子の割れ目は、ミチミチを音がしそうなほどに限界まで広げられ、行こは苦悶の表情を浮かべる。

「い、いやぁあ!裂けちゃう!やめてぇ!」

しかしその言葉は赤井の加虐心を煽るだけだった。赤井は優子の中にペニスを収めきると、腰を掴んで激しくピストンを始めた。

「ひ……!い、痛い……、痛いよぉ……」

涙を流す優子は『お仕置きを受ける女子校生』という言葉がぴったりだ。このAVは、間違いなくヒットする。俺のこの予感は大体的中するのだ。

俺は青木と金谷にも合図を出し、そこからは4人がかりで口と膣を交代で犯し、精液を注ぎ込んだ。日が暮れるころにはスタッフも参加し、最終的には溢れる精液に栓をするように、再び小型の電マを挿入し、放置して夕食を食べに街に降りた。

その後、深夜になり戻って来たころには優子の意識はほどんどなく、足元には精液と愛液でできた水たまりができていた。

小説TOPへ戻る