ドキドキ、ワクワクの初めてのSMプレイ。

せっかくいろいろ準備しても、やっぱり『いざ本番』となるとなかなか上手くいかないもの。

今回『SM初心者にありがちな3つの失敗』を紹介します。

【1】拘束することに失敗した

SM系AVでは、調教師が『簡単そうに』スイスイと女性の体に縄を回していきます。

しかし、見るのとやるのとでは大違い!

ちょっと両腕を拘束するにしても、弱すぎたり結びかたが下手だと簡単に抜けてしまって雰囲気が台無しだし、逆にキツく縛りすぎると鬱血などの恐れがあります。

始めのうちは、縄ではなく市販の『拘束具』を利用するのがオススメです。

こちらはついでに乳首も責められちゃう優れもの!
→SMグッズ専門店タランチュラで拘束具をチェックする

【2】女性に拒否されてしまった

「いざ!はりきってSMプレイ!」と鞭を手に取った瞬間、女性に「やっぱ無理……」と言われてしまった。

こんな経験を持つS男性も、悲しかな、たくさんいます。

拘束されて体の自由を奪われる女性にとって、初めてのSMプレイは興奮すると同時に、恐怖を感じるものでもあります。

そのあたりをよく理解し、事前にしっかり信頼関係を築いておくことが大切。

『本当に嫌なときは〜と言ってくれればやめるよ』と相手に伝えるなども効果的です。間違ってもそんな台詞を吐きながらボールギャグなどつけないように!

【3】道具が足りなくなった

コンドーム、ローション、ボンテージテープなどの消耗品。それに、バイブやローターの電池。

これらは途中でなくなってしまうと、プレイに水を差す事になり、お互いに盛り上がった気持ちが冷めてしまいます。

また、「天井から吊るそうと思っていたけれど当日ホテルに行ってみたら吊るせるような場所がなかった」なんてことも、ありえます。

事前にしっかりシミュレーションして、準備を整えておきましょう。備えあれば憂いなし!

徐々にハードなプレイへ進めてゆく

いかがでしたか?
よりハードなSMプレイを楽しむためには、M女の調教はもちろんですが、責める側のスキルアップも大切です。

よりスムーズに調教を進められるよう、しっかり研究•妄想してプレイに備えてくださいね。

お読みいただいて、ありがとうございます。あなたのSMプレイがますます卑猥で充実したものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ