『洗濯バサミ』という単語から、あなたは何を想像しますか?

誰の家にでもあるこの身近な道具は、洗濯以外にも、様々な使い方があります。

例えば、M奴隷を調教するときにも、大活躍してくれますね。

今回の授業では、「『洗濯バサミ』で行う4つの調教」を紹介します。

【1】乳首調教

乳首
初心者でも簡単に行うことができる洗濯バサミ調教の一つ、それが『乳首調教』です。

コツは、しっかり勃起させてから挟むこと。

プラスチックの物だとバネが強すぎる場合もあるので、木製のものを利用するのがオススメ。

乳首だけでなく、乳房を挟むのも視覚的にも楽しめます。

【2】クリトリス調教

同じく、ほどよい突起であるクリトリス。
しかしこちらは非常に敏感であるため、なかなか挑戦しにくい部位でもあります。

また、愛液でヌルヌルしてしまって上手く挟めない場合もあります。

ということでやや『上級者向け』のプレイですが、その快感は想像の数倍!クリトリスだけでなく、大陰唇を挟むのも良いですね。

【3】舌

舌
洗濯バサミを付けられた舌を、口の中に戻すことはできません。

当然、女性は犬のようにベロを突き出したまま、セックスや調教に堪えることになります。

個人的にはボールギャグより可愛くてオススメです。

【4】太もも

太もも
外れやすい部位ですが、太ももに装着するのもオススメです。足が閉じられなくなるからです。

太ももは乳首やクリトリスほど敏感ではなく、挟むためにはある程度の強度が必要です。滑りにくいプラスチック製のものを使うのが良いでしょう。

オナニーにも使える

以上4つの『洗濯バサミ調教』を紹介しましたが、いかがでしたか?

M女性はオナニーの時などに、今回紹介した部位を挟んでみてくださいね。
もちろん、犯されていることを想像しながら……。

お読みいただいて、ありがとうございます。あなたのSMプレイが、ますます卑猥で変態的なものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ