「実は俺、セックスで彼女の……が気になるんだよね。」

あなたも、そんな彼の本音を聞いてみたくはありませんか?

どんなに仲が良いカップルでも、セックスでの不満はなかなか言いづらいものです。

今回の授業では、男性が密かに抱えている『セックスに関する彼女への不満』7つを紹介します。

【1】残念な下着

男性は視覚で興奮する生き物。

ドキドキ、ワクワクしながら女性のシャツを脱がせ……そこにあったのが『残念な下着』だと、彼の興奮も急降下。

  • ベージュの下着(おばさんくさいと不評)
  • 使い古して色あせた下着
  • 上下別々の下着

これらの下着は、男性をガッカリさせてしまいます。

『バリバリの勝負下着!』とまでは行かなくても、女としての色気を感じられるものにしましょう。

【2】極端に恥ずかしがる

「恥ずかしがる女性は可愛い。でも、ときには大胆にセックスを楽しんでほしい……」

いつも恥ずかしがって、部屋を真っ暗にして性器をずっと手で隠していたり、男性が愛撫しようとすると、本気で拒絶したり。声を全く出さなかったり。

そんなことが続くと、男性は不満を持ってしまいます。どんどん欲求不満になってしまいます。

ときには恥じらいを捨て、部屋を明るくしたり、男性に身も心も任せてセックスしてみましょう。お酒の力を借りるのも良いと思います。

【3】恥じらいがない

恥ずかしがりすぎる女性も困りものですが、それ以上に男性を萎えさせてしまうのは『全く恥じらいのない女性』かもしれません。

男性は恥ずかしがる女性を目にして、「可愛い!」という愛情と共に、「自分のものにしたい!」という欲情も高まるからです。

  • 全裸なのに平気であぐらをかく
  • しょっちゅうムダ毛が生えている
  • 隣近所に聞こえそうな大声を出す
  • パンツ一丁で部屋をうろつく

こんな姿を晒し続ければ、やがて男性は女性を異性として見ることが出来なくなってしまいます。

恥じらいを忘れないようにしましょう。

【4】アソコの匂い

女性器は、男性器とくらべると洗いにくく、それゆえに匂いもキツくなりがちです。

デリケートゾーンのニオイ・黒ずみ対策専用のソープは、あそこの匂いが気になる女性にオススメ。

彼がもっと積極的に愛撫してくれるようになるかもしれません。

【5】マグロ

ただベッドに横たわり、何もせずに男性からの責めを受けるだけでは、彼も面白くありません。

  • 喘ぐ
  • 恥じらう
  • 軽く抵抗する
  • 自分からも愛撫する

など、彼とのセックスを積極的に楽しみましょう。

【6】プロ並みのテクニック

……かと言って、セックステクニックに磨きをかけ「これでもか!」と大ワザを披露するのも考えものです。

あまりにセックスが上手いと、初めての相手や性経験の浅い相手には「風俗で働いてたの?」と疑問を持たれてしまいます。

また、男性に「自分のテクニックでは彼女を満足させられないのでは……」と不安に感じさせてしまいます。

【7】責めすぎ

真性ドMの男性は別として、多くの男性は「セックスは男が責めて女が受ける」という図式を頭の中に持っています。

そして、そんなセックスをして、女性を支配したいと考えています。

セックスは、男性のペースに合わせましょう。

おわりに

いかがでしたか?

もしも『最近彼がセックスに乗り気じゃないな』と思ったら、今回紹介した7つのことを思い出してみてください。

きっと、熱い夜が過ごせるはずですよ。

お読みいただいて、ありがとうございます。あなたのセックスライフがますます卑猥で充実したものになるようお祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ