「SM 動画」などで検索した経験のあるM女性、S男性は多いと思います。

しかし、そこで一発で理想的な動画に出会えた経験をお持ちの方は、なかなか少ないのではないでしょうか。

とはいえ、世の中には涎や愛液、先走り汁がしたたるほどに興奮できるSM動画も数多く存在します。

その中でもオススメなのが『乱田舞』監督の作品。

今回の授業では、校長先生も愛してやまない『乱田舞監督・主演作品』がオススメな5つの理由を紹介します。

手っ取り早く作品を知りたい!という人はこちらのリンクからどうぞ。校長がオススメする理由もお分かりいただけると思います。

【1】責め方が鬼畜

乱田作品の魅力は、なんと言ってもその「責め」にあります。

電マ責め、蠟燭責め、浣腸、複数による責め、バイブ責め、拘束などはもちろんですが、ときに女性の顔を踏みつけたり、ミミズ腫れにあるくらいに鞭打ちしたりと、『快楽』と『痛み』で容赦なく責め立てます。

そしてその責め方も上手く、非常に興奮します。

【2】女性が本気で泣き叫んでいる

鞭で打たれたり、挿入しながら蠟燭を垂らされたり、電マで責め立てられたりして、「本気」で泣き叫ぶ女性の姿は、S男性の加虐心、M女性の被虐心を非常に心地よくくすぐります。

「ちょっとぉ……だめぇ」程度の「なんちゃって拒絶」ではなく、「いや!やめて!」という女性の本気の叫び、抵抗が(縛られているので出来ませんが)見たい人にはかなりオススメ。

【3】S男性M女性のツボを心得ている

本人が男優として出演されているので、M女性を責め立てるその態度はまさに「ドS」そのもの。
言葉責めなども上手く、ご本人が「虐めること」を楽しまれているのがよく伝わってくるので、見ていてとても引き込まれます。

ゆえに、乱田先生の作品は、非常に「SM好き」に人気があります。

【4】縄による拘束

彼の作品は、「縄」によって女性を拘束します。

「女性が縄で縛られている姿に興奮する」という人にはかなりオススメ。

【5】作品数が多い

「緊縛遊戯シリーズ」「緊縛調教リアライズシリーズ」「完全緊縛強姦シリーズ」など、乱田舞監督の作品は数も多い!
なので、心逝くまで作品を楽しむことができます。

おわりに

いかがでしたか?

最近ではDVDを購入しなくとも、web上で作品を閲覧することが可能です。
数百円から「嗜好のSMプレイ」を長時間楽しめるのは嬉しいですね。

授業に参加いただき、ありがとうございます。あなたのSMライフがますます卑猥で充実したものになりますよう、お祈りしております。

では、またの授業でお会いしましょう。

こちらの記事もおすすめ