小人の家に逃げ込んだ白雪姫は浣腸後に鬼畜に2穴輪姦される

グリム童話『白雪姫』のSM小説:第2話(小人編)

この記事は、グリム童話『白雪姫』をSMチックにアレンジしたエロ小説の第2話です。

第1話:城を追われた白雪姫は夜の森で触手に乳首とクリトリスを責められる

シリーズ一覧はこちら→《本当にエロいグリム童話》お姫様が陵辱・調教されるSM小説

あらすじ

意地悪な継母にお城を追い出された白雪姫。

怪しげな触手を伸ばす魔の森で乳首やクリトリスを責められ陵辱されてしまう。

そして助けてくれた小人に連れられ、着いたのは7人の小人が暮らす家だった……!?

小人の家に逃げ込んだ白雪姫

悪魔が暮らす家

触手に襲われた白雪姫が、意識を手放してしまいそうになった瞬間。

突然触手の拘束が緩みました。

そして白雪姫の体は、ドスンと音を立てて地面に落とされます。

「きゃあっ!」

触手から逃れ、何とか息を整えようと呼吸を繰り返していると、白雪姫の前に1人の小人が現れました。

この小人が、手に持った粉を撒いたために触手がおとなしくなったのです。

小人「危なかったな……こいつは、処女の体液が好物なんだ。この粉を撒けばおとなしくなる……。お前はこんな夜にどうして森にいるんだ?」

小人は白雪姫をジロジロと眺めます。

白雪姫は、お城を追い出されたことと、狩人に追われていることを話しました。

すると小人は、「ならうちで匿ってやろう」と言い、白雪姫の手を引いて歩き出しました。

白雪姫は多少の不安はあったものの、この場所にいるよりはマシだろうと素直に小人に着いて行きます。

何より、小人の力は見た目とは裏腹にとても強く、振り払って逃げることもできなかったのです。

そして20分ほど歩くと、小屋が見えてきます。

小人「ここが、俺たちの家だ」

シャワー室での陵辱

中に入るとそこには、同じような小人が他に6人いました。

白雪姫は下着姿なので、慌てて手で体を隠します。

小人には特に名前はなく、それぞれが特徴であだ名をつけているようでした。

白雪姫を連れてきた小人は、「俺は頭でっかちと呼ばれている」と言いました。

「頭でっかち……?変わったお名前ね」

白雪姫がそういうと、小人たちはニヤニヤと笑います。

他の小人たちは左から順番に、デブ、ノッポ、早漏、剛毛、カチカチ、絶倫と名乗りました。

そして頭でっかちと名乗った小人は、「まず、その汚い体を洗ってやろう」と言って白雪姫をシャワー室へと案内します。

そしてあろうことか、頭でっかちは白雪姫の下着を脱がそうとしてきたのです。

「いやっ、やめてください……」

白雪姫は慌てて抵抗しますが、頭でっかちはニタニタと笑いを浮かべたまま下着をひっぱり続けます。

「お前一人じゃ、隅々まで洗えないだろうと思ってな」

そういうと、頭でっかちは白雪姫を壁際に追い込み、背後から押さえつけます。

頭でっかちは小柄ですがとても力が強く、白雪姫の腕力ではどうにもなりません。

そして白雪姫は、頭でっかちの手で全裸にされてしまいました。

クリトリス虐め

頭でっかちは白雪姫を押さえつけたまま、シャワーのノズルをひねります。

そしてそれを、白雪姫の股間に当てていました。

「あぁ……っ!」

白雪姫は抵抗しますが、頭でっかちはそれを物ともせずに、シャワーを当て続けます。

アナル、尿道、そしてクリトリス……

片方の手では割れ目を左右に押し開いたり、時折クリトリスを皮を向いて、もう片方の出ては小刻みにシャワーを震わせたりして、頭でっかちは白雪姫を虐めます。

「いやぁあああっ!」

白雪姫の体がビクビクと痙攣し、膝から床に崩れ落ちました。

触手に散々陵辱されたこともあり、敏感になってきた白雪姫の体は、その刺激でついにオーガズムに達してしまったのです。

頭でっかちはそんな姿を満足気に見つめると、シャワー室の棚に置いてあったあるものを手に取ります。

強制浣腸

それは、小さなポンプ付きの瓶でした。拳ほどの大きさで、中には緑色の液体が入っています。

頭でっかちは白雪姫を四つん這いにして押さえつけると、ポンプのノズルを、その小さなアナルに差し込んだのです。

「……っ!?いやぁ……離して……っ!抜いてぇ!」

突然、冷たく硬いものをアナルに押し込まれるという状況に思考は付いて行かず、白雪姫はただ怯えて震えることしかできません。

そしてそんな光景に満足げに微笑むと、頭でっかちはポンプをゆっくりを押し、小瓶の液体を白雪姫の直腸へ送り込み始めました。

そうです。

この液体は、実は強烈な浣腸なのです。

「アナルの中も綺麗にしないと、使えないからなぁ……」

頭でっかちはそう言いながら、白雪姫の白い尻を撫でます。

「いや……っ!お腹が苦しい……、ダメ……っ!でちゃう……っ!」

程なくして強烈な便意に襲われた白雪姫は、泣きながら、頭でっかちの前で排便しました。

お姫様のアナルから排泄物が放り出される光景を、頭でっかちは興奮しながら見つめていました。

そしてそれを排水溝に流し込むと、頭でっかちは再び新しい小瓶を取り出し、浣腸をします。

「いやぁ……っ!もう許して……っ!」

3度もすると出てくるのは注入した液体だけになったのですが、頭でっかちは泣きじゃくる白雪姫を見たいがばかりに、浣腸を7度も繰り返しました。

処女を7人がかりで輪姦する鬼畜な小人

処女喪失

頭でっかちはぐったりとした白雪姫を抱き上げると、他の小人たちが待つ部屋へと運びました。

そしてすすり泣く白雪姫の膣とアナルに、潤滑油として今度は別の小瓶からとろみのある液体を塗りたくります。

「もう……帰らせて……」

弱々しい白雪姫の言葉に、デブと呼ばれた小人が笑います。

「ハッ、どこに帰るっていうんだ?お前にはもう帰る場所はここしかないんだよ」

男はそういうと、ガチガチに勃起したペニスを取り出しました。

「きゃああっ!?」

そのペニスは、直径が5cmはあろうかという巨大なものでした。

周りを見ると、他の小人たちもペニスを取り出しています。

そのペニスにはそれぞれ特徴があり、デブのペニスは太く、ノッポのペニスは長さが20cmもあります。

そして頭でっかちのペニスはカリが異様に大きく、剛毛のペニスは根元がゴワゴワの毛で覆われており、カチカチのペニスはまるで陶器のように硬そうなのです。

見た目は普通ですが、絶倫は何度でも射精できるペニスの持ち主で、早漏はその名前の通り早漏です。

怯える白雪姫に、まずはデブがペニスを押し付けます。

「お姫様ってことは、当然処女だろ?最初に俺のペニスを味わえるとは、ラッキーな女だぜ」

デブはそういうと、潤滑油で無理やり濡らされたオマンコに、一気にペニスを突き立てました。

「ああぁああ゛あっ!」

白雪姫は、自分の体内でブチブチと音が聞こえたような気がしました。

デブは処女の白雪姫を容赦なく貫くと、ズポンと音を立ててペニスを引き抜きました。

ヒクヒクと痙攣する膣穴からは、処女の鮮血が流れ出ています。

それぞれのペニス

「さぁ、開通式は終了だ。まずは順番に、ペニスの味を教えてやろう」

そういうと、次は頭でっかちがペニスを挿入します。

「いやぁああっ!」

先ほどとはまるで違う感覚に、白雪姫はのけぞりました。

今度のペニスは、まるで膣壁をえぐられるかのような刺激があったのです。

そしてそれは入れるときより、抜くときのようがより強く感じるのでした。

「次は俺だ」

そう行って入ってきたのは剛毛です。

剛毛はペニスは普通なのですが、ペニスを押し込むとそのゴワゴワの隠毛がアナルやクリトリスを刺激するのです。

「俺のペニスも最高だぜ」

そう行って入ってきたのはノッポです。

ノッポのペニスは子宮をグイグイと押し上げ、白雪姫を苦しめます。

「奥……破けちゃう……っ」

身悶える白雪姫を押さえつけながら、ノッポばグリグリと子宮口を蹂躙し、「ここもじっくり開発してやる」というとペニスを引き抜きました。

そして次に入ってきたのはカチカチです。

「どうだ、俺のペニスは硬いだろう」

カチカチのペニスは、まるで木材や石のようでした。

「次は僕……」

そう行って入ってきたのは、早漏です。

しかしこの早漏が入ってきたときだけは、白雪姫の反応が違いました。

なぜだか気持ちが良いのです。

早漏のペニスは大きすぎず小さすぎず、硬すぎず柔らかすぎず、女性にとってもっとも気持ち良いペニスなのでした。

「あぁ……っ!」

明らかに感じている白雪姫でしたが、しかし次の瞬間、膣内で早漏のペニスが膨らんだかと思うと、ドピュッと熱い液体が放出されました。

「あぁ……やっぱり出ちゃった……」

そう言いながら早漏がペニスを引き抜くと、そこからはドプリと精液がこぼれます。

「いや……っ!赤ちゃん、できちゃう……っ!」

「そうだな。せっかくの精子をちゃんと受精できるように、俺が蓋してやろう」

そう行って、最後に入ってきたのは絶倫です。

絶倫のペニスはデブの次に太く、ノッポの次に長く、剛毛の次に毛深く、カチカチの次に硬く、頭でっかちの次にカリが大きく、そして反り返っていました。

つまり、一言で言うなら女泣かせのペニスなのです。

「さぁ、たっぷり楽しませてもらうぜ」

そういうと、絶倫はガンガンと腰を振り始めました。

2穴同時挿入

「いやぁあああっ!ダメぇっ!」

白雪姫のオマンコは、グチョグチョと音を立てます。

ペニスを激しく出し入れするたび、泡立った精液が漏れるのです。

絶倫は自らが下になるよう体を反転させると、白雪姫をしっかりと抱きながら腰を突き上げます。

「あぁっ!」

そして、そんな白雪姫のアナルに、早漏がペニスを押し当てます。

早漏は早漏だけれど回復が早いのです。

「さぁ、じゃあ僕はこっちの穴を使わせてもらうよ」

そういうと、オマンコから溢れた精液でドロドロのアナルに、ペニスを突き立てました。

「あぁ……っ!」

そして例のごとく、3回ほど突くと射精します。

そのあとは頭でっかち、剛毛、カチカチ、が順番にペニスを挿入して、それぞれ射精するまでピストンを続けました。

それぞれに散々苦しめられた白雪姫ですが、中でも苦しかったのはデブとノッポがアナルに挿入したときです。

巨根

デブのときはアナルが裂けてしまうかと思いました。

「いやぁ!!!やめてェ!!!裂けちゃう!!!助けて!!」

ほとんど絶叫に近い悲鳴をあげる白雪姫を、デブ欲情した目で見下ろすと、ゆっくり、その黒光りする肉棒をアナルに埋め込んでいきます。

「いやぁああああ!!!いたいぃ!!!」

半狂乱になって暴れる白雪姫ですが、肉棒の全てが収まるころにはクスンクスンと涙をすするだけになりました。

叫べば叫ぶほど、デブは面白がって白雪姫が痛がるように挿入するからです。

「あー……最高」

デブはそういうと、ギチギチと音を音を立てそうなほと締め付けるアナルに、グッと腰を打ちつけます。

そしてその後のノッポのペニスも、白雪姫にとっては地獄でした。

オマンコには奥まで入らないそれも、アナルになら奥まで入れることが出来てしまうのです。

「うぅ……っ!」

白雪姫の額には脂汗が浮かび、必死に苦痛に耐えている様子がノッポにはたまりませんでした。

「あぁあ……っ!いやぁ……っ!」

普段外からの異物を受け入れることなどないその部位からの感覚に、白雪姫は必死に耐えます。

しかしノッポはピストンを一向にやめず、それどころか動きはどんどん激しくなるばかりです。

「うっ……うっ……お願い、やめて……っ」

そしてあまりに苦しさに白雪姫が意識を手放しかけたそのとき。

体内に何か生暖かい液体が流れ込むのを感じました。

ノッポがアナルに射精したのです。

それとほぼ同時に、絶倫も射精します。

そのあまりの気持ち悪さに、白雪姫はついに気を失ってしまったのです。

第3話に続く:変態王子と結婚した白雪姫は城でも毎晩激しく陵辱される

無料で調教体験してみる?→調教マニア

本当にエロいグリム童話TOPへ戻る