クリトリス責めの体験談10個!電マ・電動歯ブラシ・蝋燭……過激すぎる

クリトリス責めで調教されたM女性の体験談

あなたはクリトリス責めが好きですか?

クリトリスを責められて悶える女性の姿は、堪らないものがありますよね。

今回の授業は、鬼畜なドS男性や変態なドM女性におすすめ。

クリトリス責めの体験談を10個まとめて紹介します。

ローターで焦らされておねだり

ローターによるクリトリス責めをされたのは、18歳のアパレル店員のマナ。

付き合っていた彼氏にローターでクリトリス責めをされて、何度もイッてしまったのだとか。

18歳のアパレル店員:マナ
当時付き合っていた彼氏がドSで、エッチの時も縛られたりすることが多かったんです。

それで、その日も縛られて……。

いつも通りこのままエッチするのかなと思ったら、彼氏が突然ローターをクリトリスに押し当ててきて……。

私はあっと言う間に追い詰められてイキそうになりましたが、でも、彼氏は絶対にイカせてくれないんです。

気持ちよくてあとちょっとでイキそう……ってゆうところになると、ローターを離してしまって……。

そのまま20分くらいずっと寸止めをされて、最後は"イカせて!"って大声で叫んでしまいました

この日以来、マナはエッチの時に毎回クリトリスをローターで責められるようになったそうですよ。

電マで痙攣しながら潮吹き

電マによるクリトリス責めをされたのは、24歳のOL瑠璃。

居酒屋で知り合った男性に電マで調教されて、初めての潮吹きを体験したのだとか。

24歳OL:瑠璃
仕事のストレスで、毎晩のように飲み歩いていた時期のことです。

居酒屋で知り合ったのは、1つ年下の男性でした。

その人は、見た目は童顔で守ってあげたくなるようなタイプなのに、中身はドSの鬼畜だったんです。

すっかり意気投合して、流れでホテルに行くことになって、まずは1回普通にエッチ。

軽く押さえつけたりSっぽい発言はあったものの、この時はまだ普通でした。

彼が豹変したのは、ホテルのルームサービスで電マを見つけてから。

フロントに電話をして電マを持ってきてもらうと、彼は人が変わったかのように、私に襲いかかってきたのです。

「やめて」と抵抗しても無視され、無理やりまんぐり返しの状態にして押さえつけて、そのまま激しく電マで責められました。

振動が激しすぎて、気持ちいいのか痛いのかよく分からないような状態で、足が勝手にガクガクと痙攣します。

何度もイッているのに、彼は「まだダメだよ」と言って電マをクリトリスから離してくれません。

そして気づいたときには、顔に生暖かい液体がかかってきました。

私は初めて潮吹きをしていたのです。

彼はそれを見て嬉しそうに、「瑠璃ってドMだね」と笑います。

私は初めての体験に混乱していたし、強烈な刺激で訳が分からなくなって、泣きながら何度も何度もイッしまいました。

解放されたときにはもうクリトリスやおまんこの感覚がなくて、彼が挿入しているのをどこか他人事のように見つめていました……。

電マで初めての潮吹きを体験する女性は多いようですね。

鬼畜な調教を受けた瑠璃のその後が気になります。

電動歯ブラシと歯磨き粉でお仕置き

電動歯ブラシによるクリトリス責めを体験したのは、19歳のフリーター、楓。

当時主従関係にあったご主人様から、電動歯ブラシでのクリトリス調教を受けたのだとか。

19歳フリーター:楓
楓には2年近く関係を持っているご主人様がいます。

ご主人様は40歳で、名前は剛様と言います。

剛様は、エッチな楓をいつもお仕置きしてくださるのですが、その日は「楓がエッチな服を着て周りの男の子を誘惑していた」と言うことで、お仕置きを受けることになりました。

剛様は楓に電動歯ブラシを手渡すと、「これで自分でそのエッチなクリトリスを虐めてごらん」と言います。

楓はこんな風に命令されるのは初めてだったので、ドキドキしながらも電動歯ブラシを、そっとクリトリスに当てて責め始めました。

するとすぐ、剛様が「そうじゃない」と言って、電動歯ブラシを手に取ります。

そして、電動歯ブラシのブラシの部分がクリトリスに当たるようにして、責め始めたのです。

ブラシが容赦無くクリトリスを刺激して、楓の口からはエッチな声が漏れてしまいます。

剛様はまるで歯を磨く時のように歯ブラシを動かして、楓のクリトリスを責め続けます。

「もう、無理です……!」

楓は必死に剛様に訴えるのですが、これはお仕置きなので、楓が「無理」と言っても辞めてはいただけません。

剛様は電動歯ブラシで楓のクリトリスを責めながら、空いている手でクリトリスの皮を剥き、さらに楓を責め立てます。

そして、「お前みたいな変態には、これくらいじゃ足りないな」と言って、楓のクリトリスに歯磨き粉を垂らしたのです。

クリトリスを歯磨き粉と電動歯ブラシで虐められて、楓の目からは勝手に涙がポロポロと溢れます。

その日は、剛様のおちんちんを挿れていただくときも、電動歯ブラシで責められたままでした。

激しすぎておかしくなりそうでしたが、またお仕置きされたいと思っています。

電動歯ブラシでのお仕置きを喜ぶなんて、エッチなドM女性ですね。

ご主人様も可愛くて堪らないのでしょう。

電流責めで止まらないお漏らし

電流によるクリトリス責めも、先ほどと同じ19歳のフリーターの楓に語ってもらいましょう。

19歳フリーター・楓(その2)
楓が剛様から受けた一番過激な調教は、クリトリスの電流責めです。

これは、楓がおねだりしてやっていただきました。

エッチな漫画で電流責めされている女の子を見て、「楓も同じ体験をしてみたい……」と思ってしまったのです。

ちょうどその日は剛様の誕生日だったので、楓はネットで電流責めのグッズを買い揃えて、剛様にプレゼントしました。

剛様には「これは自分へのプレゼントじゃないのか?」と笑われましたが、楓は早く調教されたくて仕方がありませんでした。

電流責めはしっかりと拘束した方が良いとのことでしたので、その日は専用のSMホテルへ向かいます。

X型の拘束台に貼り付けにされて、足首や太ももをしっかりと固定されます。

そしていよいよ、電流責めが始まりました。

私が剛様にプレゼントしたのは、電流責めができる電マと、低周波パッド、乳首やクリトリスを挟んで通電させられるクリップの3つです。

いつもは少しずつ調教に入っていくのですが、その日は違いました。

剛様は私の乳首とクリトリスをクリップで挟むと、いきなり微弱な電流を流してきたのです。

「ひゃあ!」と声が出て、体が勝手に跳ね上がります。

剛様は「楓が満足するまで、今日はたっぷり虐めてあげるよ」と良い、電流を流したり止めたりします。

自分が望んだことでしたが、電流責めは思っていた以上に強烈でした。

否応無しに強制的に、クリトリスに強烈な刺激が与えられ続けるのです。

例えば、スパンキングをされたらその一瞬は痛みが走りますが、徐々に引いていってジンジンとした熱が残りますよね。(そこが気持ちいのですが……)

電流責めは、その痛みが永遠に続くような感覚です。

ピリピリとした刺激が、絶え間なく敏感なクリトリスを責め続ける……それはまさに「拷問」という言葉が相応しいかもしれません。

最初、楓は言葉を発することすらできませんでした。

そして、最初に電流を流された衝撃でお漏らしもしてしまいました。

でも少しずつ慣れてくると、剛様に電流でお仕置きされている状況に興奮してしまって……。

剛様にも指摘されましたが、楓のおまんこは愛液でベチョベチョになって、糸を引いて垂れていました。

その後も、用意した電マや低周波パッドで虐めていただいて、最後はヘトヘトで立つこともままなりませんでした。

自ら電流責めをおねだりするとは、とても変態的で可愛らしいドM女性ですね。

この先の成長も楽しみです。

掃除機で吸引してイラマチオ

掃除機による吸引でクリトリス責めの体験談を語ってくれたのは、19歳のドS男性。

セフレの美人女子大生のクリトリスを、自宅で吸引責めしたそうですよ。

19歳大学生:上沼
同い年のセフレの女の子のクリトリスを、吸引責めしました。

女の子の名前は沙羅と言います。

掃除機は、先に細めの透明のホースを取り付けてクリトリスを吸い出す様子がよく見えるように改造しました。

俺は沙羅をM字開脚で拘束して、掃除機のスイッチを入れると、クリトリスのあたりに押し当てます。

ジュボボボボ、とすごい音がして、クリトリスとその周辺の肉がホースに吸い込まれました。

沙羅は「取れちゃう!止めて!」と抵抗しますが、俺はその光景があまりにエロすぎて、ちょっと見入ってしまいました。

掃除機は小型のもので、もともとそんなに威力は強くありません。

でも、クリトリスを吸引されるのは、かなりの衝撃みたいで、沙羅はこれまで聞いたことがないような声をあげていました。

ホースを引っ張るとギュポンと音がしてクリトリスが解放されるのですが、その度に沙羅は体を大きく震わせます。

何度も何度も、吸ったり離したりを繰り返していると、いつのまにか沙羅のおまんこは濡れ濡れになっていました。

指をつっこんで、Gスポットを刺激しながら吸引責めを繰り返すと、沙羅は仰け反ってイキました。

「激しすぎるからもうしないで」と言われていますが、かなり興奮したのでまたやりたいと思っています。

改造した掃除機でクリトリス吸引とは、かなり変態的なプレイですね。

ホースの形状などにもこだわれば、面白いグッズが作れそうです。

クンニで彼女をメロメロになるまで責める

クンニによるクリトリス責めを語ってくれたのは、35歳のドS男性。

3つ年下のパートナーの女性をクンニで責め続けたそうですよ。

35歳会社員:大森
僕は彼女のおまんこを舐めるのが大好きです。

特に好きなのは、クリトリスを虐めること。

27歳の保育士の彼女は普段は強気ですが、クリトリスを責められているときはか弱い子猫のように僕に甘えてくるんです。

だから僕は、彼女をもっとメロメロに溶かしたくて、いつも一生懸命クリトリスを虐めます。

彼女が特にお気に入りなのは、レロレロと舌を高速で動かして、クリトリスを上下に刺激する責めです。

この責めをすると足を震わせて、「気持ちいい」と言ってくれます。

彼女が喜んでくれると嬉しいので、僕はさらに一生懸命舌を動かすのですが、するとクリトリスが弾けそうなほどに膨らんでくるので、可愛くて仕方がありません。

クリトリスが勃起したら、次はキスをするようにチュッチュとクリトリスに吸い付きます。

これをすると、彼女は「ダメー!」と言いながらいつもイッてしまうのですが、僕は責めをやめません。

彼女はこうしてちょっと意地悪に責められる方が好きだと知っているからです。

彼女がイッて、少し落ち着いたら、また舌を高速で動かしながら、今度は時々甘噛みして、クリトリスを虐めてやります。

そして彼女の呼吸が荒くなり、泣き出しそうになったころに、おちんちんを突っ込んであげるのです。

ほとんどの場合、彼女はおちんちんを突っ込んだ瞬間にイッてしまいます。

イカない場合は、「責めが足りなかったかな?」と反省して、次回に活かします。

挿入も好きですが、正直クンニで感じる彼女を見ている方が興奮します。

SMは「奉仕」などとよく言われますが……この男性の責めは、まさに「奉仕」と表現するのが相応しいかもしれませんね。

洗濯バサミで好きな人に虐められる

洗濯バサミでクリトリスを責められたのは、22歳の飲食店勤務の久美。

当時好きだった人に、「調教させて」と言われて断りきれずに応じてしまったとのことです。

22歳飲食店勤務:久美
当時好きだったNくんは、「俺、SMが好きなんだよね」と周りにも公言しているような人でした。

Nくんは4つ年上で頼りになって、私はその当時Nくんに夢中だったのです。

ある日の飲み会でNくんと距離を縮めようと思ってアタックしていると、突然Nくんが耳元で「調教させてよ」と言ってきたのです。

最初「酔ってるのかな?」と思ったけれど、Nくんは本気のようでした。

私はNくんにエッチに誘われたのが嬉しくて、つい「いいよ」と言ってしまいました。

そしてそのまま2人で飲み会を抜けて、Nくんの家に行ったのです。

SM好きと言っていただけあって、Nくんの家はエッチな道具がたくさんありました。

私は手錠やバイブを初めて見たので驚きましたが、Nくんがまるで普通のことのように「調教するときはこっちの方がいいかな」などと説明するので、私も流されてしまって……

気づいたときには、手錠で拘束されて、Nくんのおちんちんを咥えてしました。

Nくんはイク前に私の口からおちんちんを抜くと、私の下着を脱がせます。

そして「ちょっと痛いことするけど、我慢してな?」と言って、私の乳首とクリトリスに洗濯バサミをつけてきたのです。

「あぁ!」と大きな声が出てしまい、ほんの少しだけですが、お漏らしもしてしまいました。

クリトリスを洗濯バサミで挟まれたことなんて初めてだったし、好きな人からそんなことをされている状況にパニックで、頭は真っ白です。

Nくんは私の泣き顔が興奮するようで、洗濯バサミを弾いたり、引っ張ったりしながら、キスをしてきます。

私が「外して」と頼んでも、Nくんは「もう少し我慢したらな」と言って取り合ってくれません。

そのとき、これがただのエッチではなくて、「調教」なのだと思い知りました。

Nくんはクリトリスを挟んだ洗濯バサミにローターを当ててきたり、アソコの中に指を入れてグニグニと動かします。

そして私がイクと、それと同時にようやく洗濯バサミを外して、硬くなったおちんちんを挿入してきました。

挿入中も乳首の洗濯バサミは外してもらえなくて、なんども弾かれて、痛いのにこれまでにないくらい感じてしまって……。

エッチが終わった後、Nくんから「これからもときどき、こういうことしようよ」と言われました。

他の人には内緒だけれど、今でも時々Nくんの家に言って、調教エッチを楽しんでいます。

今は恋愛感情はそこまで強くないけれど、調教エッチにハマってしまって、関係を辞められません……。

洗濯バサミのクリトリス責めをきっかけに、久美はドMに目覚めたようですね。

好きな男性がドSだと、女性のM性も開花しやすいのかもしれません。

デコピンで敏感すぎる歯科助手を調教

デコピンでクリトリスを調教されたのは、24歳の歯科助手のエミ。

なんと相手はお客さんだというから驚きです。

24歳歯科助手:エミ
ふとしたきっかけで、お客さんと飲みに行くことになりました。

そのお客さんは背が高くてかっこよくて、ちょっとだけ私が好きな俳優と似ていました。

そのせいもあって、私は結構テンションが上がってしまって……。

流されるがままに、ホテルに行ってしまったのです。

お客さんの名前は、仮に田中としておきます。

田中は「変態すぎて彼女に振られた」と行っていた通り、ホテルに着くといきなり私を部屋にあったタオルで縛りました。

そして、しつこいくらいにクリトリスを責めてくるのです。

私はクリトリスが敏感すぎて、実は触られるのはあまり好きではありません。

だから田中にも「触らないで」と言うのですが、田中は私が嫌がれば嫌がるほど興奮するようでした。

「歯医者さんとエッチできるとか、堪らない」と言って、田中は何度も私のクリトリスを指で擦ってきます。

感じすぎて頭が真っ白になって、本当に辞めて欲しいのに、田中は辞めてくれません。

「ここ、スゲーぬるぬるになってるよ」と言って、愛液を指につけてはさらに強く刺激してきて……。

私が「本当に無理」と言うと、田中は「じゃあ、5回我慢できたら終わりにしてあげる」と言って、いきなりクリトリスにデコピンをしてきたのです。

「ひゃあ!」と大きな声が出てしまいました。

すると田中は、「声出したら、ノーカウントね」と言って、2発目のデコピンをしてきます。

クリトリスはジンジンと熱くて、5回も耐えるなんて絶対に無理だと思いました。

それでもなんとか声を耐えて、4回目のデコピンのとき。

私は、デコピンをされた直後に、お漏らしをしてしまいました。

田中は「あーあ、ダメじゃん、お仕置きだな」と言って、連続で3回、ピンピンピンとデコピンでクリトリスを弾きます。

そしてありえないくらい反り返ったペニスを、挿れてきたのです。

田中は多分、かなり巨根だったと思います。

私は田中に挿れられている間ずっとおしっこがしたいような変な感じだったのですが、最後に田中に激しく突かれて、ペニスを引き抜かれたときにブシュッと潮吹きをしてしまいました。

田中とホテルに言ったのはその1回だけですが、今でも田中は私が働いている歯医者にときどきやってくるので、その度にドキドキしてしまいます……。

歯科助手をクリトリス責め……なんと羨ましいシチュエーションでしょうか。

教師や医師の女性はSっぽいイメージがあるからこそ、調教するのは堪らないものがありますね。

蝋燭で限界を超えるまで嬲る

蝋燭でクリトリス責めをしたのは、30歳のバーテンダーの男性。

ひょんなことから、店のお客さんの女性とSMプレイにハマってしまったのだとか。

30歳バーテンダー:吉野
店によく遊びに来ていた女の子と、お互いにSM好きということで仲良くなり連絡先を交換しました。

lineでもお互いの性癖や好きなプレイを話していると、2人とも蝋燭責めが好きだと発覚。

そこで、蝋燭責めができるSM専用のホテルに言って、SMプレイを楽しむことにしました。

その女の子……マリエは背が高いスレンダーな美人で、男には困らなそうだけれど、なかなか性癖のあう男はいないらしいです。

確かに、いきなり「蝋燭が好き」なんて言われたら、普通の男だったら引くかも……。

でも俺はドSの変態なのでそういう女の子は大歓迎で、さっそくマリエを拘束すると、持参した電マやバイブで責めてやりました。

マリエは気持ち良さそうに喘いでいたけれど、やっぱりどこか物足りなそうで。

「蝋燭欲しい?」と聞くと、「欲しい」と言ってきました。

そこで、マリエに自分でバイブを持たせてオナニーさせながら、蝋燭責めを開始。

両手に2本ずつもって、全身に垂らしてやります。

普通の女の子なら遠慮するけど、マリエには「遠慮しないで徹底的に責めて」と最初に言われていたから、舌や乳首にも遠慮なく垂らしていきます。

そして、女性の最大の弱点……クリトリスにも、蝋燭を垂らしてやりました。

マリエもさすがにそのときは気持ち良さよりも痛みが勝ったみたいで、俺が連続でクリトリスに蝋燭を垂らすと、「ちょっと待って……」と手でガードしようとしてきました。

だから今度はマリエの両手も完全に拘束して、俺が片手で思い切りクリトリスを剥いて、そこに蝋燭を垂らしてやります。

蝋燭をピンポイントでクリトリスに当てるのはかなり難しくて、必然的に蝋燭を下げることになってしまうのですが、すると冷める前の蝋が肌に垂れることになるので、相当熱かったと思います。

でも、マリエのおまんこはぐちょぐちょでした。

クリトリスやおまんこの周りの蝋を剥がすときも「あん」と気持ち良さそうな声をあげていて、俺は堪らず、一気にペニスを挿入して、ガンガン打ち付けました。

バックスタイルで付きながら背中に蝋燭を垂らすと、中がギュウギュウ締め付けてきてかなり気持ちよかったです。

マリエとは、今もときどき会ってSMプレイを楽しんでいます。

こんなに性癖の合う人はお互いに他にいないと思うので、付き合ってもいいかも……と最近では思っています。

鞭で泣き叫ぶまで拷問

鞭で泣き叫ぶまでクリトリス責めをされたのは、22歳の女子大生、メイ。

ネットで知り合った男性に、過激にSM調教されたそうですよ。

22歳女子大生:メイ
遊び半分で登録したSMサイトで知り合った男に、鞭でクリトリスを責められました。

その男は「トオル」と名乗っていて、多分年齢は30歳くらいだと思います。

ハーフっぽい外見でかなりモテそうだったので、最初に会ったときは「この人、相当遊んでるんだろうな……」と思いました。

トオルさんはホテルに入ると、持参したバッグから拘束具と目隠しを出して、私に装着していきます。

周りが見えなくなるのは不安もあったけれど、それよりもどこか安心した気持ちの方が大きかったです。

これから変態的なことをするという罪悪感から、逃げたかったのかもしれません。

目隠しで全く周りが見えなくなった私に、トオルさんは色々な道具を使ってきました。

振動するおもちゃで乳首を責めたり、バイブで中を責めたり……。

私は何度もイッたし、トオルさんも途中で私にフェラチオをさせて、1回射精しました。

そして「そろそろ挿入かな」と思ったとき、トオルさんが「次はこれだね」と言って、私の背中をパシンと打ってきたのです。

それは短めの鞭でした。

私はそこまで本格的なSMプレイはするつもりはなかったのですが、「ダメ」と言うタイミングもなく、鞭での責めが始まってしまいます。

最初はお尻や太もも。

次に背中やおっぱい。

私はベッドを上を転がされながら、あちこちを鞭で打たれていきます。

そして全身をくまなく打たれた後、なんと割れ目に鞭を打たれたのです。

裂けてしまったのではないかと思うほどの衝撃でした。

でも、M字開脚で拘束されているので、どうすることもできません。

そして2度、3度と鞭が振り下ろされていきます。

毎回ではないけれど、時々鞭がクリトリスにも当たって、悶絶しました。

自然と涙が溢れるけれど、トオルさんは辞めてくれません。

そしてあそこの感覚がなくなるまで鞭で打たれて、ようやく拘束と目隠しを解いてもらえました。

「見てごらん」と言われて、鏡の前でM字開脚をさせられると、あそこは真っ赤に腫れているようでした。

「普通の子は、こんなに我慢できないから、メイは相当なドMだね」と言われて、自分でもこんなプレイを受け入れているなんて、変態だなと思いました。

トオルさんとはそれからも何回かホテルに行って、その度にむち打ちもされたし、アナルも開通しました。

自分がどこまで変態になってしまうのか、怖いような知りたいような不思議な気持ちです。

クリトリスを鞭責め……なかなかにマニアックなプレイを体験したようですね。

アナルも開通したのなら、さらにプレイの幅が広がったことでしょう。

おわりに

クリトリス責めの体験談を紹介してきましたが、いかがでしたか?

他にも、筆責めやつまようじ責めなど、クリトリス責めにはいくつものバリエーションがあります。

SMプレイに取り入れれば、悶える女性の姿を堪能できることでしょう。

お読みいただきありがとうございます。

またの授業でお会いしましょう!

【おすすめ】FANZAのSM動画サンプル
全部見たい方はこちら 女医in…(脅迫スイートルーム) 紗々原ゆり女医in…(脅迫スイートルーム) 紗々原ゆり

Twitterでフォローしよう