【SM短編小説】乳首&クリトリス調教で美人カフェ店員を性奴隷へ

エロすぎる美人店員をお仕置き調教せよ

俺の名前は八神秀。

依頼があればどこへでも駆けつけるSM調教師だ。

今日は「カフェにエロすぎる美人店員がいるからお仕置きしてください」という悩める男性からの依頼でやってきた。

ターゲットの名前は美香。

年齢は23歳、胸はDカップ。

足やお尻には程よく肉が付いていて、男からみるとたまらない体をしている。

まったく、イタズラに男を勃起させるなんてけしからん女だ。

俺が徹底的に調教して、性奴隷に堕としてやろう。

拘束した美人店員への調教開始

美香は暗めの茶髪の、どちらかと言えば清楚系の女だ。

しかし今その顔は涙と涎と鼻水でグチャグチャになっている。

「抵抗したらお仕置きする」と伝えてあったにも関わらず、「帰らせて」だの「やめて」だの言って暴れてきたので、乳首クリップでお仕置きしてやったのだ。

ティッツクラッチ スクリュー

DMMで『ティッツクラッチ スクリュー』をチェックする

両手は頭上で拘束して、足はM字開脚で拘束しているため、クリップを外すことも、当然逃げることも叶わない。

美人店員を調教部屋に監禁

ここは複数所有している調教部屋の内の1つだ。

俺は仕事帰りの美香を薬で眠らせ、この部屋へ連れ込んだのだ。

ここには調教に必要なSMグッズはもちろん、撮影用の機材やコスプレグッズなど、あらゆるものが揃っている。

俺は依頼者への報告のためのビデオを設置しながら、調教プランを頭の中で組み立てた。

俺に調教を依頼してくれる人間の中には、調教方法を指定してくる奴も多い。

もちろん、なるべくならその希望を汲んでやるが……

今回の依頼者は、「とにかくあの美人をグチャグチャにしてください」というざっくりしたものだったのだ。

調教にはさまざまな方法があるが、こういう場合は大抵、乳首とクリトリスの調教から始める。

なぜなら、乳首とクリトリスは女がもっとも感じやすい場所。

手っ取り早く泣かせて性奴隷にするには、乳首とクリトリスを調教するのが早いのだ。

乳首クリップで美人が泣き叫ぶ

俺が乳首クリップを取り出したとき、美香は「信じられない」という顔をした。

どうやらこういったSMプレイは初めてのようで、「黙らないとこれで乳首をお仕置きするぞ」と俺が言っても、まさか本当にそんなことをされるとは想像もしなかったようだ。

しかし俺が本気で乳首に乳首クリップを取り付けるつもりだと気づいてからは、必死に「やめて」と懇願してきた。

けど、もう遅い。

俺は容赦なく乳首クリップを取り付け、美人が泣き叫ぶ様を堪能した。

全裸でM字開脚で拘束された状態で、乳首クリップを取り付けられた美人は、涙を流しながら「許して」と懇願する。

「許して欲しければ、自分から"調教してください"とねだるんだな」と俺が言うと、美香は「ひどい……」と言って、俺を睨みつけた。

乳首調教で美人を屈服させる

俺は美香の目を見つめながら、乳首クリップのチェーンを引く。

ピンク色の乳首は限界まで引き伸ばされ、美香は絶叫した。

「お前はこれからは、性奴隷として生きるんだ。こうしてご主人様に調教していただけることに、感謝しろ」

俺がそんなことを言うと最初は「嫌」とか「許して」と言っていたが、しつこく調教を続けると、やがて唇を噛み締めて耐えるだけで、何も言わなくなった。

「痛いのは嫌か?」

俺が尋ねると、美香は黙って頷く。

「なら、おねだりしてみろ。"美香の乳首を調教して気持ちよくしてください"ってな」

そうすればクリップを外してやるというと、美香はしぶしぶながらもその言葉を口にした。

真っ赤になった乳首を舐めて調教

乳首クリップを外すと、美香の乳首は真っ赤に充血していた。

俺は敏感になったその乳首をいたわるようにそった舌を這わせる。

「うぅぁ……っ」

堪えきれないと言った様子で、美香の口から喘ぎ声が漏れた。

敏感になった乳首にはこの程度の刺激でも強すぎるのだろう。

身悶えして逃れようとするが、両手足は拘束されているため叶わない。

乳首クリップの痛みからは解放されたが、美香は今もポロポロと涙を流している。

突然見知らぬ男に監禁され、陵辱されているのだから当然だろう。

普通の男ならその涙でなんでも言うことを聞くかもしれないが、残念ながら俺は女の涙をみるとますます苛めたくなる性質だ。

俺は美香の乳首をたっぷりしゃぶり尽くしたあと、再び先ほどの乳首クリップを取り付けた。

「あぁっ!?」と美香が悲鳴をあげる。

「ひどい……約束が、違う……」と言ってきたが、「ずっと外してやるとは言っていない」というと、悔しげに唇を噛んだ。

美人のクリトリスをじっくりと観察

乳首をたっぷり陵辱したら、次はクリトリスだ。

俺は美香の両足の間に体を割り込ませ、割れ目を押し広げる。

仕事終わりだったからか、濃厚なメスの匂いが漂った。

美香は小さな声で「やめて……」と言うが、お仕置きを恐れてか、最初のように暴れたりはしない。

両手の人差し指を割れ目にあてがい、グッと押し上げてクリトリスの皮を剥く。

美香は堪え切れなくなったのか「うぅ〜」と嗚咽を漏らすが、もう抵抗の言葉を漏らしたりはしない。

クリトリスは清楚な外見に相応しく小ぶりで敏感そうだった。

息を吹きかけてやるとビクリと震える。

割れ目は使い込まれた形跡はあまりなく、色も綺麗だ。

「ここに何人の男のちんぽを咥え込んだ?」

俺が尋ねると、美香は素直に「2人です」と答えた。

拘束した美女のアナルを嬲る

「なるほど、ならこっちは?」

そういいながらアナルに触れると、美香は質問の意味が分からないようで、怯えた表情でこちらを見てきた。

はっきりいって、非常にそそる。依頼がなくてもプライベートの奴隷として飼いたいくらいだ。

「世の中にはこっちの穴を使うセックスもあるんだよ。美香は大人なのにそんなことも知らないのか」

俺はそう言いながら、美香の腰の下にクッションを入れる。アナルを触りやすくするためだ。

そしてアナルの皺を人差し指でゆっくりとなぞっていく。わずかに先端を埋め込ませると、美香が声をあげた。

クリトリスをデコピン調教

「いっ……」

嫌と言いかけたのか、それとも痛いと言いかけたのか。

美香はハッと途中で口をつぐんだが、もう遅い。

「物覚えの悪い奴隷にはお仕置きだな」

俺はそういうと、美香の剥き出しのクリトリスをデコピンの要領で中指で弾く。

「あぁっ!」

その拍子に、わずかに尿道から液体が漏れた。

突然の強烈な刺激にお漏らしをしたのだ。

俺はそれをからかいながら、さらに何度もクリトリスをデコピンで虐める。

「はぁん……いやぁ!許して、ダメぇ……っ!」

剥き出しのクリトリスをこんな風に刺激されたら、耐えられたものではないだろう。

美香は海老反りになって少しでもクリトリスへの刺激を逃そうとするが、俺はそんな美香をあざ笑うかのように、さらに強めにクリトリスをでこぴんし続けた。

クリトリスをさらに過激に調教

悲鳴とも喘ぎ声ともつかない声をあげて、美香の体が跳ねる。ピン、ピン、と繰り返すたび、美香はなんとかその強烈な刺激から逃れようと身悶えるが、無駄なことだ。

ちょうど30回、クリトリスをデコピンでお仕置きしたところで指を止めた。

股間は美香のお漏らしでビチョビチョだ。

しかしそこには尿だけではなく、愛液もまざっていた。

俺はその愛液を掬って、クリトリスに擦りつける。

美香は嬌声とも悲鳴ともつかない声を上げて、また「許して」と口にした。

俺は美香のクリトリスを指でこねくり回しながら、

「お前が発言していいのは、俺の質問に答えるときと、ありがとうございますとお礼を言う時だけだ。それ以外の発言をしたら、またさっきのお仕置きをするぞ」と言う。

美香はどこか諦めたような表情で、「はい……」と言った。

クリトリスで絶頂する美人店員

大分聞き分けが良くなってきたので、ご褒美を与えてやろう。

俺が包皮の上からクリトリスにねっとりを舌を這わせてやると、美香は「んぅっ」と鼻に抜けるような声をあげて、ピクピクと足を震わせた。

そして今度はクリトリスの皮を剥いてやると、すすり泣くような(実際に泣いているのだが)喘ぎ声をあげる。

膣穴からはすでに愛液が溢れ出て、アナルの方まで濡らしていた。

美香はクリトリスが感じやすいようで、イキそうになっているのが明らかに見て取れた。

俺がトドメとばかりにクリトリスに少しだけ歯を立ててやると、「ひっ」という嬌声とともに美香の体が硬直し、ビクビクと痙攣した。

クリトリスを噛まれてイッのだ。

美香の絶頂は長く、最後には尿道からチョロチョロとおしっこが漏れだした。

絶頂に達したことで、緊張の糸が切れたのだろう。

しかし、俺はお漏らしすることを許した覚えはない。

お漏らしした奴隷にお仕置きを

「誰の許可をとっておしっこしているんだ、美香?」

ジュルッと音を立ててきつくクリトリスを吸い上げる。

「あ、あぁ!痛い!やめてっ!!!!やめてください!!!」

「ほらまただ。それともお仕置きされたくてわざとやっているのか?」

俺はクリトリスに吸い付いたまま、美香の乳首クリップのチェーンを強く引いた。

パチンと音を立てて、クリップが外れる。

「あぁあっ!」

その刺激で、美香は再びイッたらしい。

しかしまだ、お仕置きは終わりではなく。

俺は美香に再び乳首クリップを装着してやった。

しかも今度のはローター付きだ。

スイッチを入れるとジジジというモーターの音が耳につく。

挟乳痴態 乳首責めローター

DMMで『挟乳痴態 乳首責めローター』をチェックする

悶える美女に調教師は容赦なく……

「美香、なんと言えばいいか分かるだろう?」

「あ、あぁ……っ!い、い…っ!あ、ありが……とう、ござい……あぁっ……ます……っ!」

乳首をローター付きのクリップで刺激され、クリトリスを指で嬲られながら、美香は答える。

「いい子だ」

美香は大分奴隷らしい顔つきになってきた。

目がトロンとして、顔が紅潮している。

少しずつ体が快楽に流されて来ているのだ。

この期を逃さんとばかりに俺はあるものを取り出し、美香の目の前に差し出す。

それは、クリトリスに吸い付き強烈に振動するローターだ。

Womanizer PRO40 マゼンタ

DMMで『Womanizer PRO40 マゼンタ』をチェックする

「"美香のクリトリスをもっと調教してください"と言うんだ」

自ら調教志願する変態へ堕とす

クリトリス専用のローターを美香に見せつけながら、スイッチを入れたり切ったりする。

ジジジ……という音は、まるで虫の羽音のようだ。

「言わないなら、またデコピンでクリトリスをお仕置きだぞ?今度は100回はやってやろうな……」

俺が片方の手の指でねっとりとクリトリスを刺激しながら言うと、美香はようやくその言葉を口にした。

「美香のクリトリスをもっと調教してください……」

俺は美香の望み通り、クリトリスに器具をあてがい、まずはたっぷりと吸い出してやる。

そして一気にスイッチを最強にし強烈な振動を与えると、美香は足をガクガクと震わせて潮を吹いた。

しかし、当然のことながらスイッチを止めてはやらない。

「あぁあああああっ!」

美香は壊れた人形のように痙攣しながら、クリトリスの強烈な刺激に耐えている。

まだまだ時間はたっぷりある。

乳首とクリトリスで堕としたあとは、オマンコやアナルも徹底的に調教してやろう。

エロすぎる罪は、その体で男たちに奉仕し償ってもらうのだ。

----

乳首やクリトリスを調教される美人カフェ店員の小説をお届けしましたが、いかがでしたか?

「妄想だけではなく、実際にSM調教を楽しみたい……」という紳士淑女は、完全無料で利用できる調教マニア愛奴隷などでご主人様・奴隷を探すのも方法の1つ。

素敵なSMライフを楽しんでくださいね。

お読みいただきありがとうございます。

もっと卑猥な妄想を楽しみたい方には、SM小説館がおすすめです。

【おすすめ】FANZAのSM動画サンプル
全部見たい方はこちら 最初で最高のアナル解禁 イキ過ぎてケツマ○コがバカになっちゃいました。 梨々花最初で最高のアナル解禁 イキ過ぎてケツマ○コがバカになっちゃいました。 梨々花

Twitterでフォローしよう